ATHLETE
アスリートインタビュー
COACH
指導者インタビュー
FEATURE
特集記事
NEWS & REPORTS
 
2019.07.18 
第30回ユニバーシアード競技大会【体操】 本学学生・卒業生で構成された日本代表チームが男子団体で金メダルを獲得

ユニバーシアード体操2019

体操男子団体で金メダルを獲得した日本代表チーム。左から萱和磨選手(大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程1年:セントラルスポーツ所属)、谷川翔選手(スポーツ健康科学部3年)、谷川航選手(H31年卒:セントラルスポーツ所属)
2019年7月4日、イタリア・ナポリで開催された第30回ユニバーシアード競技大会の体操男子団体総合において、谷川翔選手(スポーツ健康科学部3年)、萱和磨選手(大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程1年、セントラルスポーツ所属)、谷川 航選手(H31年卒:セントラルスポーツ所属)の本学学生・卒業生で構成された日本代表チームが、3大会連続となる金メダルを獲得しました。
なお、本大会では、スポーツ健康科学部の原田睦巳教授が監督として日本代表チームを支えました。

個人総合、種目別でも活躍!

団体総合に続き行われた個人総合では、萱和磨選手が6種目合計87.000点のスコアで2位に大差を付けて金メダルを獲得しました。
種目別では、谷川翔選手が平行棒で金メダルを獲得したほか、ゆかで銅メダルを獲得。萱選手がゆかで銀メダル、あん馬で銅メダルを獲得しました。

ユニバーシアード体操2019_萱和磨選手

個人総合で金メダルを獲得した萱和磨選手

ユニバーシアード体操2019_谷川翔選手

谷川翔選手は種目別平行棒で金メダルを獲得
谷川翔選手、萱和磨選手、谷川航選手の3選手は、今年10月にドイツ・シュツットゥガルトで行われる世界体操競技選手権大会の日本代表にも選出されています。
今後も皆様のあたたかいご声援をよろしくお願いいたします。