ATHLETE
アスリートインタビュー
COACH
指導者インタビュー
FEATURE
特集記事
NEWS & REPORTS
 
2019.10.10 
世界体操2019に本学学生・卒業生が出場 -男子団体で銅メダルを獲得-
第49回世界体操競技選手権大会がドイツ・シュツットガルトで開催され、10月9日に行われた男子団体で日本代表は銅メダルを獲得しました。

世界体操2019

今大会には本学から谷川 翔選手(スポーツ健康科学部3年:写真左端)と萱 和磨選手(大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程1年・セントラルスポーツ所属:写真右から2番目)、卒業生の谷川 航選手(2019年卒・セントラルスポーツ所属:写真左から2番目)が団体メンバーとして出場。谷川 翔選手がスタートのあん馬でF難度の大技「ブスナリ」を決めた一方で、谷川 航選手は跳馬で14点台後半の高得点をマーク、また、萱選手は全6種目で安定した演技を見せて、銅メダル獲得に貢献しました。

皆様の温かいご声援をありがとうございました。
《写真左から谷川 翔選手、谷川 航選手、萱 和磨選手》

世界体操2019