ATHLETE
アスリートインタビュー
COACH
指導者インタビュー
FEATURE
特集記事
NEWS & REPORTS
 
2020.12.15 
第97回東京箱根間往復大学駅伝競走 応援よろしくお願いいたします

箱根駅伝エントリーメンバー2021

2021年1月2~3日に開催される第97回東京箱根間往復大学駅伝競走の本学のエントリーメンバーです。
大会当日、大手町-芦ノ湖間を駆け抜ける選手たちに、皆様のご声援をよろしくお願いいたします。

順天堂大学 エントリーメンバー

④清水選手

清水 颯大
(しみず そうだい)
学部:スポーツ健康科学部
学年:4年
出身校:京都府・洛南高校
1万m自己ベスト:28分39秒54

④原田選手

原田 宗広
(はらだ むねひろ)
学部:スポーツ健康科学部
学年:4年
出身校:福岡県・大牟田高校
1万m自己ベスト:28分56秒93

④真砂選手

真砂 春希
(まさご はるき)
学部:スポーツ健康科学部
学年:4年
出身校:香川県・小豆島高校
1万m自己ベスト:29分27秒91

④矢野選手

矢野 直幹
(やの なおき)
学部:スポーツ健康科学部
学年:4年
出身校:滋賀県・比叡山高校
1万m自己ベスト:29分36秒89

③小島選手

小島 優作
(こじま ゆうさく)
学部:スポーツ健康科学部
学年:3年
出身校:宮城県・仙台育英学園高校
1万m自己ベスト:28分55秒42

③近藤選手

近藤 亮太
(こんどう りょうた)
学部:スポーツ健康科学部
学年:3年
出身校:長崎県・島原高校
1万m自己ベスト:29分13秒93

③鈴木選手

鈴木 尚輝
(すずき なおき)
学部:スポーツ健康科学部
学年:3年
出身校:静岡県・浜松日体高校
1万m自己ベスト:28分46秒79

③津田選手

津田 将希
(つだ まさき)
学部:スポーツ健康科学部
学年:3年
出身校:福岡県・福岡大大濠高校
1万m自己ベスト:29分17秒32

③人見選手

人見 隆之
(ひとみ たかゆき)
学部:スポーツ健康科学部
学年:3年
出身校:栃木県・那須拓陽高校
1万m自己ベスト:29分06秒81

③牧瀬選手

牧瀬 圭斗
(まきせ けいと)
学部:スポーツ健康科学部
学年:3年
出身校:佐賀県・白石高校
1万m自己ベスト:28分45秒10

③吉岡選手

吉岡 智輝
(よしおか ともき)
学部:スポーツ健康科学部
学年:3年
出身校:佐賀県・白石高校
1万m自己ベスト:28分59秒08

②伊豫田選手

伊豫田 達弥
(いよだ たつや)
学部:スポーツ健康科学部
学年:2年
出身校:広島県・舟入高校
1万m自己ベスト:28分39秒17

②西澤選手

西澤 侑真
(にしざわ ゆうま)
学部:スポーツ健康科学部
学年:2年
出身校:静岡県・浜松日体高校
1万m自己ベスト:29分11秒29

②野村選手

野村 優作
(のむら ゆうさく)
学部:スポーツ健康科学部
学年:2年
出身校:和歌山県・田辺工業高校
1万m自己ベスト:28分43秒49

①石井選手

石井 一希
(いしい かずき)
学部:スポーツ健康科学部
学年:1年
出身校:千葉県・八千代松陰高校
1万m自己ベスト:28分58秒54

①三浦選手

三浦 龍司
(みうら りゅうじ)
学部:スポーツ健康科学部
学年:1年
出身校:京都府・洛南高校
5000m自己ベスト:13分51秒97

監督・主務

長門監督

【監督】長門 俊介
(ながと しゅんすけ)
スポーツ健康科学部
特任助教

石戸主務

【主務】石戸 大夢
(いしと ひろむ)
学部:スポーツ健康科学部
学年:4年
出身校:千葉県・流経大柏高校

順天堂大学 陸上競技部(長距離ブロック)について

部長:越川 一紀 監督:長門 俊介 主将:清水 颯大

1952年創部。襷は白地に赤のライン。箱根駅伝では、これまでに11回の総合優勝を成し遂げています。
2020年1月の第96回箱根駅伝では総合14位となりシード権を逃がしましたが、10月17日に行われた予選会では堂々の1位通過を果たし、本選出場権を獲得しました。

箱根駅伝と順天堂大学との関わり

順天堂大学陸上競技部(長距離ブロック)は1958年に初めて箱根駅伝に出場して以来、これまでに61回出場しています。総合優勝は11回を記録し、1986年から1989年までは4連覇を果たして、順天堂大学のシンボルスポーツとして今に至っています。
間もなく創部70周年を迎えますが、その間、現監督の長門俊介の他、数々の名ランナーを輩出してきました。
<男子長距離ブロックの主な卒業生>

小出 義雄(こいで よしお)
1961年入学、箱根駅伝には3年連続出場、卒業後は保健体育科教員となり、1986年全国高校駅伝で市立船橋を高校最高記録で優勝に導く。その後、教職を辞して社会人の指導にあたり、「ほめて育てる」育成方法により、バルセロナ五輪で銀メダル、アトランタ五輪で銅メダルを獲得した有森裕子選手、シドニー五輪で金メダルを獲得した高橋尚子選手を育成した。

澤木 啓祐(さわき けいすけ)
1962年入学、箱根駅伝には4年連続出場し、4年時に2区を区間新の走りで本学の初優勝に貢献した。また、インカレやユニバーシアードなどのトラック競技でも活躍、その後、メキシコ五輪、ミュンヘン五輪の日本代表に選出されるなど、5000m、10000mの日本記録を塗り替えた。1975年に本学の監督に就任し、箱根駅伝では4連覇を含む9回の総合優勝を果たしている。

今井 正人(いまい まさと)
2003年入学、箱根駅伝には4年連続出場、2~4年時に5区で歴史に残る走りを見せ、3年間で抜いたランナーは20人に上り、3年連続で区間記録更新、並びに金栗四三杯(最優秀選手)を受賞、4年時は総合優勝に貢献、「山の神、ここに降臨!」とテレビ中継された。卒業後、トヨタ自動車九州に入社、2015年の東京マラソンでは日本人男子首位の7位になり、世界陸上北京大会マラソン日本代表に選出された。

長門 俊介(ながと しゅんすけ)※現監督
2003年入学、本学4年時の箱根駅伝では9区で区間賞を獲得し優勝に貢献した。卒業後、JR東日本に入社し実業団選手として活躍、現役選手を引退した2011年に本学陸上競技部コーチに就任、2016年より監督に就任。リオデジャネイロ五輪出場の塩尻和也選手、日本選手権5000m2回優勝の松枝博輝選手などを育成した。