ATHLETE
アスリートインタビュー
COACH
指導者インタビュー
FEATURE
特集記事
NEWS & REPORTS
 
2020.12.16 
第74回全日本体操個人総合選手権で萱 和磨選手が初優勝

全日本体操個人総合選手権2020_萱和磨選手

第74回全日本体操個人総合選手権 兼 全日本体操種目別選手権が12月10日~13日に高崎アリーナで開催され、本学大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程2年(セントラルスポーツ所属)の萱 和磨選手が、全種目14点台の安定した演技を披露し、男子個人総合で初優勝を果たしました。
優勝した萱選手をはじめ、本大会では、谷川 翔選手(スポーツ健康科学部4年)と谷川 航選手(H31年卒、セントラルスポーツ所属)が兄弟揃って3位に、橋本大輝選手(スポーツ健康科学部1年)が5位になるなど、10位以内に本学関係者7名(在学生5名、卒業生2名)が入る快挙となりました。
<10位以内の本学関係者>
  • 1位 萱 和磨 選手(大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程2年、セントラルスポーツ)
  • 3位 谷川 翔 選手(スポーツ健康科学部4年)
  • 3位 谷川 航 選手(H31年卒、セントラルスポーツ)
  • 5位 橋本大輝 選手(スポーツ健康科学部1年)
  • 6位 千葉健太 選手(H31年卒、セントラルスポーツ)
  • 7位 安達太一 選手(スポーツ健康科学部1年)
  • 9位 三輪哲平 選手(スポーツ健康科学部2年)

全日本体操個人総合選手権2020

優勝した萱 和磨選手(左端)と3位の谷川 航選手(中央)・谷川 翔選手(右端)