Twitter
学校法人順天堂@juntendo1838
スポーツ健康科学部@juntendo_sakura
練馬病院@juntendo_nerima
LINE
学校法人順天堂@juntendo
スポーツ健康科学部@juntendo.sakura
Instagram
スポーツ健康科学部juntendo_sakura
研究活動Research Activities

公的研究費の管理・監査体制

順天堂大学では、平成19年2月15日文部科学大臣決定「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」を基に、公的研究費の適正な管理・運営の在り方について検討を重ね、学長を最高管理責任者とした公的研究費の適正使用のための責任体制を整備しました。

機関内の責任体系の明確化

公的研究費の運営・管理を適正に行うため、各部門の責任者をコンプライアンス推進責任者に任命し、不正防止対策を実施しています。

適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

公的研究費に係る事務処理手続きに関するルールについて、マニュアルを整備し、公的研究費の管理運営に関わるすべての構成員に周知しています。

不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

不正を発生させる要因がどこにどのような形であるのか、本学の状況を体系的に整理・評価し、さらにそれらの不正を発生させる要因に対応する具体的な取組を不正防止計画としてまとめ、実施しています。

研究費の適正な運営・管理活動

適正な予算執行を行い、不正につながりうる問題を捉えられるように研究費管理システムを導入しています。

情報発信・共有化の推進

ガイドラインの趣旨に沿って、本学の規模や特性に応じた実効性ある体制を整備する上で、学内の情報共有はもとより、機関間での情報共有が必要かつ有効です。本学では、他大学の事例や取組を学内の説明会で紹介しています。

モニタリングの在り方

不正の発生の可能性を最小にすることを目指し、本学では実効性のあるモニタリング体制を整備・実施しています。