教員紹介 教員詳細

黄田 常嘉 教授(おうた つねよし)

【学部】スポーツ健康科学科【大学院】博士前期課程・研究指導教員 博士後期課程・研究指導教員

担当授業科目:【学部】精神医学、スポーツによる健康サポートの科学、精神保健学、病弱者の心理・生理・病理、障害者の病理と生理 他、【博士前期課程】スポーツ健康科学研究方法論、スポーツ健康科学研究法実習、メンタルヘルス、他【博士後期課程】健康科学特別演習、精神保健学特論、他

人が生まれてから死ぬまでに経験する様々な心の問題について、生物-心理-社会モデルに根差した全人的な視座から考究し、心理的支援の在り方について探求する。

学位名称  医師 博士(医学)
研究分野  精神医学、臨床心理学
キーワード  アルツハイマー病、機能的神経イメージング、パーソナリティ障害、サイコセラピー、学習障害

研究分野・研究テーマ

精神保健、メンタルヘルス

アルツハイマー病を始めとする認知症疾患の脳内のコリンエステラーゼやアミロイド β 蛋白質に関する脳核医学研究をしていました。一方、日々の精神科臨床で、自殺願望の強いパーソナリティ障害、読み書きなどの学習に著しい困難を抱える神経発達障害、生活破綻に喘ぐ物質関連障害・嗜癖性障害など、多くのさまざまな困難症例に関わる中で、「生きづらさ」を抱える精神障害の疫学や精神病理や治療的実践アプローチに関心が深くなりました。個々の事例性を大切に深く掘り下げていきたいと考えています。

学生へのメッセージ

今や五大疾病中、最多とも目されるメンタルヘルスの問題に関して、巷には多くの情報が氾濫していますが、それだけに誤解や偏見など混乱も多いようです。健康総合大学・順天堂に入学したアドバンテージを活かして、自分自身のため、そして愛する大切な人達のために、心の健康について学んでいきましょう。

関連記事