教員紹介 教員詳細

廣瀬 伸良 教授(ひろせ のぶよし)

【学部】スポーツ健康科学科【大学院】博士前期課程・研究指導教員 博士後期課程・研究指導教員

担当授業科目:【学部】スポーツコーチング演習(柔道)、他【博士前期課程】スポーツ健康科学研究方法論、スポーツ健康科学研究法実習、武道の指導理論と方法、他【博士後期課程】スポーツ科学特別演習、他

日本で誕生した運動文化である柔道を研究題材とし、コーチングに関わる技術や戦術的行動の分析、柔道選手の疾病(皮膚真菌症)について関連した研究を行っている。

学位名称 博士(医学)
専 門 柔道
研究分野 コーチング学、柔道方法論、皮膚真菌学
キーワード コーチング、柔道方法論、試合システム、競技力評価、皮膚真菌症
クラブ活動 柔道部 部長

主な研究テーマ

・IJF ルール変更にともなう柔道戦術行動の変化

・柔道選手のTrichophyton tonsurans 感染症について

・柔道競技における技能の主観的評価尺度の作成

ゼミナール紹介(柔道)

〔研究領域〕
日本伝講道館柔道 競技柔道 コーチング
〔研究領域のキーワード〕
日本伝講道館柔道 歴史 教育 戦術的行動分析
〔目標・方法・内容等〕
日本発祥の伝統的スポーツ文化である柔道。社会が柔道専門家に求める期待は大きく、そして厳しい。本ゼミナールは卒業後に柔道専門家として評価される人材 の育成を目指す。日本伝講道館柔道における技術・体力・精神面からの運動特性を対象に理論・実験的な研究を展開する。また、競技規定(審判規定)や歴 史・教育的な背景も考察する。授業は演習形式でおこない、興味ある題材や問題点については卒業論文へと導く。

学生へのメッセージ

自身のスポーツコーチングにおける「経験知」はおそらく正しい・・・。

しかし、それだけではコーチング科学にはならない・・・。

関連記事