教員紹介 教員詳細

吉村 雅文 教授(よしむら まさふみ)

【学部】スポーツ健康科学科【大学院】博士前期課程・研究指導教員 博士後期課程・研究指導教員

担当授業科目:【学部】球技(ベースボール型)(ソフトボール)、スポーツコーチング論Ⅱ、他 【博士前期課程】コーチングとスポーツ組織、コーチングとスポーツ組織、スポーツ健康科学研究方法論、スポーツ健康科学研究法実習、球技の指導論理と方法 他、【博士後期課程】スポーツ科学特別演習、コーチング科学特論、他

球技コーチングの立場から、男女球技種目に関して、様々な角度・側面から選手の育成・強化、指導者のレベルアップのために貢献できる研究を行う。

学位名称 博士(スポーツ健康科学)
専 門 球技
研究分野 コーチ学、トレーニング科学
キーワード サッカー、指導者、トレーニング、戦術、ゲーム分析、GPS、シニアサッカー、女子サッカー

ゼミナール紹介(コーチング)

〔研究領域〕
サッカー競技(男女)における技術・戦術・体力について
〔研究領域のキーワード〕
サッカー 技術 戦術 体力 GPS
〔目標・方法・内容等〕
 「コーチングゼミナール」では、これまでに発表されている国内外のサッカーに関する科学的研究に目を向け、サッカー選手の体力・技術、戦術、およびサッカーの特性について理解を深めながら、様々な対象にコーチングの実践を通じて、コーチングの原点、コーチングの計画立案、効果的なコーチング実践法に関しても理解を深め、サッカーの競技力向上のための指導力を獲得させることを目的とする。また、近年のサッカーのコーチングは、科学的知識に基づいた指導が必要不可欠とされ、とりわけ、競技力向上に関しては、選手個人の体力や技術に加え、組織としての戦術的要素が大きく影響を及ぼすと言われている。そこで、「コーチングゼミナール」では、組織としての戦術的要素を理解するために積極的にゲーム分析についても学習し、サッカーの戦術的理解を深める。
 上記学習を進める中で、各自興味関心のある事柄について研究テーマを決定し、資料・データを収集、または実験・測定を行い、4年時に卒業論文を作成するとともに、研究成果の発表を行う。

学生へのメッセージ

大学生の時に様々な経験を通し、様々な人と出会い、様々なことを真剣に考える時間を持つことが、物事の本質を理解し、大きく成長に繋がると思っています。ゼミナール活動、社会・地域貢献活動を通し、スポーツの価値、コーチングの本質、スポーツの本質、人間関係・信頼関係の大切さを学んで欲しいと心から願っています。