教員紹介 教員詳細

高梨 雄太 准教授(たかなし ゆうた)

【学部】スポーツ健康科学科【大学院】博士前期課程・研究指導教員 博士後期課程・研究指導補助教員

担当授業科目:【学部】陸上運動、スポーツコーチング演習(陸上競技)、スポーツコーチング総合実習、他【博士前期課程】スポーツ健康科学研究方法論、スポーツ健康科学研究法実習、他

陸上競技のトレーニング方法、技術について研究を行っている。特に投擲種目において、世界レベルで活躍することを目標とした競技力の向上をテーマとしている。

学位名称 博士(学術)
研究分野 陸上競技
キーワード スポーツ実践研究、陸上競技、コーチング、トレーニング
クラブ活動 陸上競技部 専任コーチ

研究テーマ

スポーツの実践研究、スポーツ活動現場における事例研究

(競技力向上、トレーニング、コーチング等)

ゼミナール紹介(陸上競技・投擲)

〔研究領域〕
陸上競技投擲種目の技術の習得と指導方法
〔研究領域のキーワード〕
陸上競技、投擲の指導方法、投擲技術習得、パワー発揮トレーニング、運動学
〔目標・方法・内容等〕
 陸上競技投擲種目を中心とし技術等を探求し、その指導方法、トレーニング方法について実践的な研究を展開してゆく。特に投擲種目は投射時の初速度が飛距離を左右するため、投擲物の効率的な加速が求められる。
 本ゼミナールでは、効率的な動作習得を一つの大きなテーマとして扱う。授業は演習、実習形式で実施し、特に興味ある題材や問題点については卒業論文課題とし追求する。

学生へのメッセージ

陸上競技に限らず、スポーツの実践研究に興味のある学生は一緒に学びましょう!

関連記事