トップ > 女性スポーツ研究センターについて > 講習会実績 > 講習会実績(令和元年度)

講習会実績 令和元(2019)年度

開催日主催・依頼元内 容受講対象者講師等
4/16公益財団法人ジョイセフザンビア共和国ワンストップサービスサイトによる生涯を通した女性の健康づくりプロジェクト第2次、スポーツを通じたエンパワーメントプログラム報告会(公財)ジョイセフスタッフ15名程度野口 亜弥
4/23一般社団法人コ・イノベーション研究所COILセミナー vol.21 【SDGs】x【スポーツ】x【ジェンダー】スポーツと女性活躍推進
「女性活躍推進においてスポーツで何ができるか」
障がい者スポーツ競技団体・指導者、自治体オリパラ担当ほか24名野口 亜弥
5/13日本競輪選手養成所講義「女性アスリートのコンディショニング1」女子候補生約20名、教官、スポーツ栄養士鯉川なつえ
桜間 裕子
7/6,7徳島県・一般財団法人自治総合センター日独女性スポーツリーダーサミット2019
7日 基調講演「日本の女性スポーツの現状と課題」
    パネルディスカッション
6日 講義「世界と日本の女性スポーツ」
      「アクションを起こすことの大切さ」
「女性とスポーツ」「女性の活躍推進」等に関心のある方(6日定員140名、7日は女性限定30名)小笠原悦子
鯉川なつえ
野口 亜弥
7/18∼23独立行政法人日本スポーツ振興センター「JSC-JRFU 連携ラグビー国際貢献プロジェクト(インド)」での講演等インドラグビー協会・指導者野口 亜弥
8/24岐阜県清流の国推進部令和元年度岐阜県スポーツ指導者育成研修会
講演「女性アスリートのコンディショニング」
県内競技団体、中学・高校部活動指導者、女性アスリート等奈良岡佑奈
8/30東京消防庁 消防学校消防講演会
「東京2020大会へ向けた女性スポーツにおける取組み」
東京消防庁職員小笠原悦子
9/14,22 澁谷男女平等・ダイバーシティセンター〈アイリス〉アイリス講座
「スポーツとジェンダーの平等 ~世界の事例から見えた日本の課題~」
定員40名野口 亜弥
三倉 茜
山口理恵子
(城西大学)
伊藤 真紀
(法政大学)
10/3日本競輪選手養成所講義「女性アスリートのコンディショニング2」女子候補生約20名、教官、スポーツ栄養士桜間 裕子
10/22公益財団法人杉並区スポーツ振興財団令和元年度すぎなみスポーツアカデミー A2指導者養成講習会(専門・ジュニア)
「理論:女性とスポーツ」
20歳以上区内在住・在勤・在学者(定員20名)奈良岡佑奈
10/29独立行政法人日本スポーツ振興センターハイパフォーマンススポーツ・カンファレンス2019
「女性アスリートの戦略的強化に向けた調査研究発表」
競技団体関係者(アスリート、育成・強化担当者等)、研究者ほか鯉川なつえ
10/29青森県教育庁スポーツ健康課 競技力向上対策本部令和元年度第1回女性指導者ネットワーク専門委員会同委員小笠原悦子
11/2宇都宮市男女共同参画推進センター「アコール」令和元年度 歴史から学ぶ男女共同参画推進講座
「オリンピックに学ぶ男女共同参画の歴史~苦難の道だった女性スポーツの誕生」
定員50名小笠原悦子
11/8MASHING UP 実行委員会Diversity Empowerment Conference
「MASHING UP」トークセッション
「スポーツから考える、ジェンダー平等
 – 明日につながるスタートライン」
2日間開催、延べ1000名野口 亜弥
11/9山口県体育協会、山口県女性とスポーツの会2019年度山口県女性とスポーツの会研修会
「第6回 スポーツの絆 WOMAN 和ークル」
女性スポーツに関心のある方三倉 茜
12/14青山学院大学青山学院大学公開講座
LGBTから「共生社会」を考えてみよう
「ジェンダー視点で見たら、バリアだらけの日本のスポーツ」
一般(定員60名)野口 亜弥
12/16青森県教育庁スポーツ健康課 競技力向上対策本部第2回女性指導者ネットワーク専門委員会同委員小笠原悦子
1/6公益財団法人全日本柔道連盟ナショナルチーム合宿
講話「生理用品に関する研究・情報」
ナショナルチーム合宿に参加中の全階級女子選手約60名桜間 裕子
1/23公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人三重県体育協会スポーツ医・科学委員会第27回三重県スポーツ医・科学セミナー兼三重県スポーツ指導者研修会
講演「女性アスリートのコンディショニング」
スポーツドクター、科学者、指導者、選手、競技団体関係者、健康運動指導士(定員250名)鯉川なつえ
2/5公益財団法人笹川スポーツ財団SSFスポーツアカデミー2019
第8回 私のための私の体。―私たちは変わる、スポーツも、きっと変われる
基調講演「女性がスポーツをしない理由 - 『This Girl Can』のインパクト -」
わが国のスポーツに関する諸課題に関心をおもちの方(先着25名)鯉川なつえ

  • 女性アスリート外来
  • 女性研究者支援室
  • 男女共同参画推進室

TOP