トップ > 「女性スポーツ研究センター 国際シンポジウム2018」を開催しました!

NEWS

2018.10.25 イベント TOPICS

「女性スポーツ研究センター 国際シンポジウム2018」を開催しました!

「女性スポーツ研究センター 国際シンポジウム2018」開催報告
JCRWS International Symposium 2018

 2014年の開設から、“女性アスリートのコンディション管理に関する研究基盤構築”をテーマに、医学研究科とスポーツ健康科学研究科のコラボレーションによる研究を推進してきた女性スポーツ研究センターは、開設5年目という節目にあたる今年、海外の女性スポーツの専門家を招聘し、2018年9月15日(土)に国際シンポジウムを開催しました。

The Japanese Center for Research on Women in Sport (JCRWS) was established in 2014 and has been studying on “establishing research in the area of conditioning and management of female athletes” with collaboration between the Graduate School of Medicine and the School of Health and Sports Science. To celebrate its 5th anniversary in 2018, we held the JCRWS International Symposium 2018 consists of keynote speeches and panel discussion from world leaders in the field of women in sport.

開会挨拶  Opening Address

開会挨拶1

女性スポーツ研究センター 副センター長
順天堂大学大学院医学研究科 老人性疾患病態・治療研究センター
平澤恵理 教授

 今年度より、女性スポーツ研究センターの3人目の副センター長に就任した平澤恵理先生(順天堂大学大学院医学研究科 老人性疾患病態・治療研究センター 教授)より「女性スポーツに関する研究等で世界的にご活躍されているお二人の先生を招聘し、女性スポーツ研究センターの記念すべき国際シンポジウムを開催できることは大変光栄です。さらなる発展を目指して、熱いディスカッションが行われることを期待します」とご挨拶しました。

M.D. Eri Hirasawa (Professor, The Research Institute for Diseases of Old Age in Juntendo University), the third deputy director of the JCRWS from this year, gave a welcome speech. "It is a great honor to be able to host the memorable international symposium with two world leadres in the field of women in sportt. I am hoping to have active discussions aiming for further development." by M.D. Hirasawa.

基調講演Ⅰ Keynote Speech I

 まずは、ミネソタ大学タッカーセンターのニコル・ラボイ センター長より、「タッカーセンターの歩みと女性スポーツ研究センター(JCRWS)への期待」と題し、基調講演をいただきました。タッカーセンターは世界で初めての女性スポーツに関する研究を行う研究組織であり、順天堂大学の女性スポーツ研究センターのモデルにもなっています。
 タッカーセンターは、研究、教育、啓発の3つの柱を持っており、研究を実践に活かすこと、次世代の研究者を育てることに力を入れています。そのため、大学院生が有給のインターンとしてタッカーセンターで働き、経験を積むことができるのです。また、「She Can Coach」というキャンペーンを実施し、女性が指導者になることへのプラスのメッセージを発信しているそうです。
 スポーツにおいて「女性」は重要な存在です。研究とプロジェクトをしっかり実施し、これからも「タッカーセンターとJCRWSは“姉妹”のように連携していきたい」と語ってくださいました。

基調講演Ⅰニコル_国際シンポジウム

ニコル・ラボイ 先生 (ミネソタ大学  タッカーセンター  センター長)
Dr. Nicole LaVoi

 

First, we got a keynote lecture entitled "History of Tucker Center and Expectation to the Japanese Center for Research on Women in Sport (JCRWS)" from Dr. Nicole LaVoi, Co-Director at Tucker Center for Research on Girls & Women in Sport at the University of Minnesota. Tucker Center is the world's first research organization on women in sport and it is also a model of the JCRWS at Juntendo University.
Tucker Center has three pillars of research, education, and dissemination, and is putting efforts to utilize research in practice and educate researchers for posterity. For example, Tucker Center offers paid internship program for graduate students to gain experience and achieve their goals. In addition, Tucker Center is currently promoting positive messages through “She Can Coach” project to increase the number of females in the coaching profession.
“Women are very important in sports. We carry out research and project well, but from now on I would like to cooperate Tucker Center and the JCRWS like sisters” said Dr. LaVoi.

基調講演Ⅱ  Keynote Speech II

基調講演Ⅱサラ_国際シンポジウム

サラ・マレイ 先生(Women Win グローバル促進ディレクター)
Ms. Sarah Murray
 

 続いて、Women Winのグローバル促進ディレクターであるサラ・マレイさんに、「Women Winとは? ~調査と実践から築いた実績~」と題して基調講演を行っていただきました。Women Winは世界中に広がるパートナーと協働しながら、特に思春期の少女のエンパワーメントを、スポーツプログラムを用いて実施するNGO団体です。国際競技大会を活用した国際スポーツ団体や国連機関との連携はさることながら、民間セクターや社会活動セクターとも連携しています。多くの組織と連携するためには、客観的なデータを用いて説得することもあるようです。
 Women Winは、少女のスポーツ参加の拡大だけにとどまらず、少女たちがよりよく生きる知識や術を身に付け、安全に安心して暮らせる社会の創出を目指しています。「日本は東京2020も控えており、大変ポテンシャルがある」と述べた後に、「日本にも、スポーツを通じて国際的なジェンダー課題に取り組む組織ができてほしい。そしてJCRWSのアクションと連携を図っていきたい」というメッセージをいただきました。

Next, Ms. Sarah Murray, Global Catalyse Director of Women Win, gave a keynote lecture entitled “Women Win: Best Practices in Empowering Girls Through Sport Globally". Women Win is an NGO organization that empowers adolescent girls, especially with sports programs, while working with partners all over the world. While collaborating with international sports organizations and United Nations agencies using international competitions, they are also working with the private sector and the social activities sector. In order to work with many organizations, there seems to be persuasion using objective data.
Women Win aims not only to expand the sports participation of girls but also to create a society where girls acquire knowledge and skills to live better their own lives safely and securely. "Japan has a lot of potential toward Tokyo 2020. I hope Japan will also be able to create organizations to tackle international gender issues through sports, and we would love to work together with JCRWS actions,” said Ms. Murray.

パネルディスカッション・研究報告   Panel discussion

 「女性スポーツの発展を目指して ~スポーツ界における女性スポーツ研究センターの役割」をテーマに、本センターの研究に尽力されてきた各分野の専門家によるパネルディスカッションが行われました。
 
ファシリテーター:
鯉川なつえ(女性スポーツ研究センター 副センター長、
      順天堂大学スポーツ健康科学部 先任准教授)
パネリスト:
北出 真理(女性スポーツ研究センター 副センター長、
      順天堂大学大学院医学研究科・産婦人科学 教授)
柿木 亮 (順天堂大学医学部・生理学第二講座 助教)
福 典之 (順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 
      スポーツ健康医科学研究所 先任准教授)
小笠原悦子(女性スポーツ研究センター センター長、
      順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科 教授)

パネルディスカッション_国際シンポジウム

北出真理副センター長らが進めるチーム1「月経調整とコンディション管理プログラム開発研究」についての研究報告からスタートし、続いて、柿木亮先生によるチーム2「月経周期を考慮したトレーニングの至適負荷条件研究」、福典之先生よるチーム3「エネルギー産生とトレーニングの関係性解明研究」について、それぞれの研究報告をしていただきました。最後に小笠原悦子センター長よるチーム4「女性アスリートのコーチング法開発研究」の研究報告をしていただくと、これまで各研究チームが実施してきた研究の内容や成果についての理解が一気に深まりました。
ファシリテーターの鯉川なつえ副センター長より、本センターのそれぞれの研究チームに関わる学内外の研究者は4年間で80名程に増えたこと、また、女性スポーツをキーワードに多方面に渡る研究を実施してきた実績、また、省庁の委託事業の受託研究、企業との共同研究の実績についても紹介されました。
その後、「女性スポーツ研究センターのこれからの5年に向けて」と題したディスカッションが繰り広げられ、それぞれの研究チームの代表から、研究という側面から自分たちが果たす役割、研究の具体的な今後の展開などが熱く語られました。
女性スポーツ研究センターで実施している研究全体を取り扱った初めての国際シンポジウムでしたが、地道に行われている臨床研究などについても紹介され、講師、研究者、参加者らの間で情報共有が行われ、大変活発なディスカッションとなりました。
 

Toward Further Development of Women and Sport : Roles of JCRWS
Panelists:
 M.D. Mari Kitade   
   (Deputy Director, Japanese Center for Research on Women in Sport; Professor, Department of Obstetrics and Gynecology at Juntendo University Graduate School of Medicine)
 Dr. Ryo Kakigi
   (Assistant professor, Department of Physiology ( II )  at Juntendo University School of Medicine
 Dr. Noriyuki Fuku
   (Associate Professor, Graduate School of Health and Sport Science at Juntendo University
 Dr. Etsuko Ogasawara
   (Executive Director, Japanese Center for Research on Women in Sport Professor, the Graduate School of Health and Sports Science at Juntendo University
Facilitators:
 Ms. Natsue Koikawa
   (Deputy Director, Japanese Center for Research on Women in Sport; Associate Professor, School of Helath and Sports Science at Juntendo University )


A panel discussion was held by experts from various fields with the theme of " Toward Further Development of Women and Sport: Roles of JCRWS".
Started with a research report on Team 1 "Menstruation Adjustment and Condition Management Program Development Study" by M.D. Mari Kitade, deputy director of the JCRWS. Followed by Team 2 "Optimum Load Condition of Training Considering Menstrual Cycle" by Dr. Ryo Kakigi, and Team 3 "Researches on Relationship Between Energy Production and Training" by Dr. Noriyuki Fuku. Finally, Team 4 "Coaching Development for Female Athletes" by Dr. Etsuko Ogasawara, Director of the JCRWS, gave deeper understanding of the purpose and results of the research that each research team had conducted and have been working on.
Facilitator Ms. Natsue Koikawa, Deputy Director of the JCRWS, noted that the number of researchers inside and outside the campus related to each research team of the JCRWS increased to about 80 for four years. Also, she introduced the achievements, contract research of consignment projects of ministries and agencies, and the results of collaborative research with companies with women in sports as a keyword.
After that, a active discussion titled "Toward the Five Years of the JCRWS" was held. Representatives of each research team discussed roles play from the aspect of research and specific goals.
It was the first international symposium dealing with the entire research being conducted at the JCRWS, but clinical research was also introduced. It was a very active discussion by sharing information among lecturers, researchers, and participants.
 

北出先生_国際シンポジウム

         チーム1 北出真理 教授
                                 MD. Mari Kitade

柿木先生_国際シンポジウム

         チーム2 柿木亮 助教
                                Dr. Ryo Kakigi

福先生

        チーム3 福典之 先任准教授
                             Dr. Noriyuki Fuku

小笠原先生_国際シンポジウム

        チーム4 小笠原悦子 教授
                         Dr. Etsuko Ogasawara

ポスター発表 Poster Session

 女性スポーツ研究センターでは、これまで、年度ごとに研究成果報告会(口頭発表)を開催し、研究者間の情報共有を図ってきました。今回、初めての試みとなる「ポスター発表」形式での研究成果報告・公表となりましたが、国内外の研究者、参加者らと活発な意見交換が実現しました。

The JCRWS has held research presentation meetings (oral presentations) for each academic year to share information among researchers. It was the first time “poster session” for reporting on the publication and research results. Researchers and participants both in and outside the country exchanged their thoughts.

IMG_1181_2

ポスター発表2_国際シンポジウム

IMG_1177

ポスター発表1_国際シンポジウム

女性スポーツ研究センター制作物   Products Created by JCRWS

会場内では、本センターの研究によって製作された印刷物などを卓上に展示しました。毎年必ず制作物を作成し、多くの女性アスリート、指導者、保護者等のお役にたてていただいています。

We displayed our products such as printed materials on the desk in the venue. The JCRWS creates at least one product every year and we are glad that those are being used by many female athletes, leaders, and guardians.

掲示物_国際シンポジウム報告書

掲示物2_国際シンポジウム報告書

一覧に戻る

  • 月経周期を考慮したコンディショニング法
  • 女性アスリート外来
  • 女性研究者支援室
  • 男女共同参画推進室

TOP