vol.004
海外レポート

タッカーセンター紹介 その2
タッカーセンターの研究内容

女性スポーツに特化したアメリカの研究施設、「タッカーセンター(The Tucker Center for Research on Girls & Women in Sport)」では、どんな研究をしているのか、興味ありませんか?
現在、タッカーセンターでは、アメリカの女性スポーツ史40年余りの変遷を社会の縮図と捉え、スポーツや身体活動が女性とその家族、地域、社会にどのような影響を与えているのか、4つの柱に分かれた研究が進められています。それぞれの具体的な研究の内容を紹介していきましょう。

1)女性アスリートのメディア描写について

スポーツとメディア研究の中で最も大きな論議は、「女性アスリートが男性アスリートと同じような待遇(カバー率、報道内容)を受けていない」、というものです。例えば、女性アスリートの活躍が目覚ましく、その参加率も男性と変わりない現在においても、メディアは男性スポーツ(主にアメリカンフットボールと男子バスケットボール)ばかりを記事にし、女性スポーツに関する記事はスポーツ紙およびスポーツニュース全体(オリンピックを除く)のうち、たったの4%という報告があります(タッカーセンター調べ, 2014 )。
また、女性アスリートの描かれ方は、その競技レベル、競技種目、メディア媒体に関わらず「競技場の外、ユニフォームを着ていない、女性らしさを強調したポーズ」で描かれている現状があります(Kane, LaVoi, Fink, 2013)。
このような社会的な背景を踏まえ、女性アスリートが「アスリートである本来の姿」を正当に評価してもらえていないことに対し、「アスリートとして描かれる」必要性を研究して、主張しています。

2009-2010年シーズン  テキサスA

テキサスA&M大学女子バスケットボール部のポスター
(2009-2010年シーズン)

2)女性とコーチングについて

タイトルナイン(1972年)以降、女性のスポーツ参加率は増え続け、大学における女性アスリートの割合は1972年でわずか4%であったのに対し、2013年には43%と増加しています。一方、女性コーチの割合を見てみると、1972年には90%以上と女性コーチの占める割合は大変大きいものでしたが、2013年には40%となり、年々減少していることがわかります(LaVoi, 2014)。
そこで、女性コーチが抱える様々な問題について、経済、社会、組織の構造をひも解き、さらには、女性コーチの心理的なメカニズム、必要とされるサポート体制を解釈しながら女性とコーチングについての研究がなされています。
大学女子チームにおける女性コーチの割合について(LaVoi, 2014より)

大学女子チームにおける女性コーチの割合について(LaVoi, 2014より)

3)タイトルナインとジェンダーフリーについて

1972年に施工された連邦法、タイトルナイン(Title IX)とは、政府からの補助を受けている教育機関における性差別を撤廃する法律です。これはスポーツの法律ではありませんが、学校内のスポーツにおいては有効であり、歴史的に男性だけのものとされてきたスポーツが、女性にも門戸を開くきっかけとなった非常に重要な法律です。しかしながら、タイトルナインから40年以上が経過した今もなお、女子・女性アスリートが抱える男女不公正は、例えばメディア描写、施設、コーチの待遇などの観点から、やはり解決しきれていないという現状があります(Cooky & LaVoi, 2012)。
また、タイトルナイン保守のために教育機関が行ってきた「数合わせ」調整のひずみについても、近年の研究において示唆されています。これは、女子スポーツの割合を高めるために、アメリカ国内の大学における運動部活動において、部員数の少ない男子スポーツを廃部に追いやったというものです。この背景には、限られた予算内で女子アスリートへスポーツの機会を与える必要性に加え、年々拡大しているアメリカンフットボール、男子バスケットボールチームの部員確保、収益、コーチの給料等、複雑に絡み合っているのです。例えば、その廃部に追いやられた競技種目の中には、収入を生み出さないという理由から、体操やレスリングなどのオリンピック種目も含まれていました(Kane, 2012
このように、女性がアスリートやコーチとしてスポーツに携わる上で、表面的にすぎない男女公平性を鋭く指摘するだけでなく、一般の認知度を高め、危機感を抱かせるために具体的なデータを証拠とした報告書を発行しています。
 

4)女子と女性の身体活動について

女子のユーススポーツに関する報告書では、子どもと家族の関わりについて述べられています。ユーススポーツでは、過度のプレッシャーによるスポーツからの離脱、使いすぎ(オーバーユース)による怪我が懸念されていますが、一方で、家族や社会との繋がりを深め、身体的・精神的な成長を促し、健康への効果が期待されることが明らかにされました(LaVoi et al., 2009)。
また、ユーススポーツが家族の時間を奪っているという先行研究に対し、インターネットによる調査の結果、実際には競技レベルの高い子どもの家族において「食事時間」にはいくらかの制限があると回答されましたが、ほとんどの項目においてユーススポーツが家族構造へ及ぼす影響は少ない、との結果が得られました(LaVoi & Norris, 2011)。このように、女子・女性の身体活動が家族、社会、本人にどのような影響を及ぼすのかについての研究がなされています。
<参考文献>
Cooky, C., & Lavoi, N. M. (2012). Playing but Losing Women’s Sports after Title IX. Contexts, 11(1), 42-46.
Kane, M. J., LaVoi, N. M., & Fink, J. S. (2013). Exploring elite female athletes’ interpretations of sport media images: A window into the construction of social identity and ‘‘selling sex’’in women’s sports. Communication & Sport, 2167479512473585.
Kane, M.J. (2012). Title IX at 40: Examining mysteries, myths & misinformation surrounding the historic federal law.
LaVoi, N. M. (2014, January). The status of women in collegiate coaching: A report card, 2013-14 [Infographic]. Minneapolis: Tucker Center for Research on Girls & Women in Sport.
LaVoi, N.M., & Norris, A.L. (2011). Youth Sport Report: Parent Perception of How Frequently Youth Sport Interferes With Family Time.
LaVoi, N. M., Strong, A., Pearson, L., Skeen, A., Bruening, J., & Lerner, P. (2009). Sports Based Youth Development Benefits for Girls. A factsheet provided the Up2Us Center.
Buysse, J. A., & Wolter, S. (2013). Gender representation in 2010 NCAA Division I media guides: The battle for equity was only temporarily won. Journal of Issues in Intercollegiate Athletics, 6, 1-21.

井上 好

ライター紹介
井上 好

国立大学法人鹿屋体育大学修士課程修了。
2014年9月より、ミネソタ大学大学院身体運動学科(アメリカ・ミネソタ)にて、女性スポーツ及びヘルスプロモーションを専攻。
TOP

超省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

超省エネな身体

024#鈴木 志保子##「超省エネな身体」とは? 省エネな身体であるにもかかわらず、さらに極端な減食を行ったり、活動量を増加させることによって体重や体脂肪を減少させた身体を「超省エネな身体」と呼んでいます。
22サムネイル
vol.
海外レポート

ザンビアレポート5:スポーツを通した女性のエンパワーメント~知識とスキルを身につけて

023##野口亜弥#ザンビアにおけるスポーツを通した女性のエンパワーメントについてご紹介します。
likeAgirl
vol.
海外レポート

「#LikeAGirl」キャンペーン

021##井上好#世界中の女の子と女性たちが“強さと自信、活力を持って生きていけるように”と始められたLikeAGirlキャンペーンについてご紹介します。
3_女性リーダーサムネイル
017##野口亜弥#世界情勢の改善に取り組む国際機関である「世界経済フォーラム」は、「グローバル・ジェンダー・ギャップ・レポート」を毎年発表しています。そのレポートの結果を踏まえたザンビアでの取り組み等、女性リーダーネットワークについて紹介します。
image
016##野口亜弥#第4回国際女子サッカーフェスティバルがベルリンで開催されました。世界各国から集った約100人の女子サッカー選手、コーチ、審判、ジャーナリスト、マネージャーが一同に会し、 女子サッカー界と社会全体に置ける女性の権利について話し合われました。
省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

省エネな身体

013#鈴木志保子 教授##大量のエネルギーを消費するアスリートにとって望ましい省エネな身体について解説します。
タッカーセンター その2
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その2

008##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。
こんなに違う!女性と男性の身体
vol.
コンディショニング

こんなに違う! 女性と男性の身体

005#鯉川なつえ 准教授#吉田渓#男性との身体の違いや女性ならではの特徴について、順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科の鯉川なつえ先生にお聞きしました。
5年後の東京五輪・パラ そのとき女性コーチの姿は?
006###東京五輪・パラリンピックを5年後に控え、日本における女性コーチの在り方を考える「女性スポーツリーダーシップカンファレンス2015」は2月14日、多数の方にお集まりいただき大盛況のうちに終了しました。
私たちを変える鍵「エプリンク」とは
vol.
リーダーシップ

私たちを変える鍵「エプリンク」とは

007#小笠原悦子 教授##私たちのミッションは限られたトップ選手だけではなく、中、高校生といったジュニア、さらには指導者やコーチを目指すみなさんにも女性とスポーツをめぐる最先端の情報を届け、役立ててもらうこと。
女性アスリート外来設立ものがたり2「無月経や疲労骨折…。女性アスリート特有の症状を診る
002#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#「女性アスリート外来」のコンセプトは、「女性アスリートが健康で長期的に高い競技力を継続できるよう、医学的側面から総合的に支援」すること。幅広い層の女性アスリートを受け入れています。
女性アスリート外来設立ものがたり1 あまりに多かった「無月経」のアスリート
001#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#2014年8月、「女性スポーツ研究センター」の設立からほどなくして、日本で初めての女性アスリートを専門に診察する「女性アスリート外来」が、順天堂大学医学部附属順天堂医院と同浦安病院内に開設されました。
タッカーセンター紹介その1
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その1

004##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。