• ALL
  • コンディショニング
  • スポーツ栄養
  • リサーチ
  • リーダーシップ
  • 海外レポート
menu
女性スポーツセンター Women in Sport 女性スポーツに関する情報発信サイト
vol.002
リサーチ

女性アスリート外来 設立ものがたり2
無月経や疲労骨折…。女性アスリート特有の症状を診る

「女性アスリート外来」のコンセプトは、「女性アスリートが健康で長期的に高い競技力を継続できるよう、医学的側面から総合的に支援」すること。対象年齢に制限はなく、ジュニア期から、たとえば趣味でランニングをしている高齢のジョガーまで、幅広い層の女性アスリートを受け入れています。
鯉川なつえ

鯉川 なつえ

順天堂大学スポーツ健康科学部先任准教授
同大陸上競技部女子監督。
主な研究テーマは、スポーツにおける疲労の血液生化学的研究および女性トレーニングに関する研究。

女性アスリートが陥りやすい3つの障害

女性アスリート外来は、無月経や月経前緊張症(PMS)、疲労骨折や骨・関節の痛み、または摂取エネルギー不足など、女性特有の、または女性に多い症状に悩むアスリート対象の外来です。
トレーニングの量や質が高まったにも関わらず、バランスの良い食事を摂らなかったり、月経がきたりこなかったり、または完全に止まっていたり、疲労骨折や靭帯の損傷、怪我の治りが悪い、などの症状をそのままにしていると、『利用できるエネルギーの不足』『視床下部性無月経』『骨粗鬆症』へとつながってしまいます。
このような、女性アスリートが陥りやすい3つの障害を『Female Athlete Triad(フィーメール・アスリート・トライアド:女性アスリートの三主徴)』と規定しています。同時に、これらの症状をそのままにしてはいけない、と警鐘を鳴らしています。

r-5

外来開設ははじめの一歩。情報共有で診療環境整備

2014年の秋から診療を開始した女性アスリート外来は、すでに多くのアスリートが受診しており、「こういう外来を待っていた」「やっと治療を受けられた」という喜びの声が続々と届いています。外来では、必要に応じて、総合診療科、糖尿病・内分泌内科、メンタルクリニック、リハビリテーション科とも連携を取ることとなっており、女性アスリートにとっては安心して治療を受けられる環境が整っています。これまで、無月経くらいで病院に行っていいのか、自分がアスリートであることを理解した上で治療してくれるのか、という悩みや不安を抱えていた女性アスリートにとって、理想的な診療体制と言えるでしょう。
また、妊娠出産後に復帰したいと考えるアスリートもサポート可能です。
「女性アスリート外来によって、女性アスリートの選手寿命が長くなり、ジュニアからシニアまで健康な身体でスポーツを継続する人が増えてほしい」と鯉川准教授は願っています。

ただし、女性アスリート外来開設は、はじまりに過ぎません。女性スポーツ研究センターには思い描く将来像があるのです。
「患者さんの理解、協力を得て、女性アスリートの基礎データ、処置方法や経過等を論文にまとめ、どんどんオープンにしていきます。それが指導者や女性アスリートの教育につながるのはもちろん、全国各地の医師の方と情報を共有し、アスリートが地元にいても適切な診察を受けられる環境が整っていけばいいな、と思っているからです」
日本で初めての「女性アスリート専門」の外来は、単なる診療科という枠にとどまらず、女性アスリートの環境改善と意識向上の役割をも担っているのです。
r-1

TOP

超省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

超省エネな身体

024#鈴木 志保子##「超省エネな身体」とは? 省エネな身体であるにもかかわらず、さらに極端な減食を行ったり、活動量を増加させることによって体重や体脂肪を減少させた身体を「超省エネな身体」と呼んでいます。
22サムネイル
vol.
海外レポート

ザンビアレポート5:スポーツを通した女性のエンパワーメント~知識とスキルを身につけて

023##野口亜弥#ザンビアにおけるスポーツを通した女性のエンパワーメントについてご紹介します。
likeAgirl
vol.
海外レポート

「#LikeAGirl」キャンペーン

021##井上好#世界中の女の子と女性たちが“強さと自信、活力を持って生きていけるように”と始められたLikeAGirlキャンペーンについてご紹介します。
3_女性リーダーサムネイル
017##野口亜弥#世界情勢の改善に取り組む国際機関である「世界経済フォーラム」は、「グローバル・ジェンダー・ギャップ・レポート」を毎年発表しています。そのレポートの結果を踏まえたザンビアでの取り組み等、女性リーダーネットワークについて紹介します。
image
016##野口亜弥#第4回国際女子サッカーフェスティバルがベルリンで開催されました。世界各国から集った約100人の女子サッカー選手、コーチ、審判、ジャーナリスト、マネージャーが一同に会し、 女子サッカー界と社会全体に置ける女性の権利について話し合われました。
省エネな身体
vol.
スポーツ栄養

省エネな身体

013#鈴木志保子 教授##大量のエネルギーを消費するアスリートにとって望ましい省エネな身体について解説します。
タッカーセンター その2
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その2

008##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。
こんなに違う!女性と男性の身体
vol.
コンディショニング

こんなに違う! 女性と男性の身体

005#鯉川なつえ 准教授#吉田渓#男性との身体の違いや女性ならではの特徴について、順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科の鯉川なつえ先生にお聞きしました。
5年後の東京五輪・パラ そのとき女性コーチの姿は?
006###東京五輪・パラリンピックを5年後に控え、日本における女性コーチの在り方を考える「女性スポーツリーダーシップカンファレンス2015」は2月14日、多数の方にお集まりいただき大盛況のうちに終了しました。
私たちを変える鍵「エプリンク」とは
vol.
リーダーシップ

私たちを変える鍵「エプリンク」とは

007#小笠原悦子 教授##私たちのミッションは限られたトップ選手だけではなく、中、高校生といったジュニア、さらには指導者やコーチを目指すみなさんにも女性とスポーツをめぐる最先端の情報を届け、役立ててもらうこと。
女性アスリート外来設立ものがたり2「無月経や疲労骨折…。女性アスリート特有の症状を診る
002#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#「女性アスリート外来」のコンセプトは、「女性アスリートが健康で長期的に高い競技力を継続できるよう、医学的側面から総合的に支援」すること。幅広い層の女性アスリートを受け入れています。
女性アスリート外来設立ものがたり1 あまりに多かった「無月経」のアスリート
001#鯉川なつえ 准教授#佐藤温夏#2014年8月、「女性スポーツ研究センター」の設立からほどなくして、日本で初めての女性アスリートを専門に診察する「女性アスリート外来」が、順天堂大学医学部附属順天堂医院と同浦安病院内に開設されました。
タッカーセンター紹介その1
vol.
海外レポート

タッカーセンター紹介 その1

004##井上好#アメリカの女性スポーツ研究の最前線であるタッカーセンターについて紹介していきます。