手術について

ロボットによる先天性胆道拡張症手術のお知らせ

手術の様子

順天堂小児外科では、以前から胆道拡張症に対して腹腔鏡下手術を施行しておりましたが、この度、ロボットを使用した手術を導入致しました。ロボットを使用し、極めて精度の高い吻合を遂行しております。

現在、胆道拡張症にのみロボットを使用しておりますが、今後は肺のう胞性疾患、縦隔腫瘍、腎盂尿管移行部狭窄症、胆道閉鎖症などにも導入していく予定でございます。
ロボット支援下手術に関するお問い合わせは、当科教授室 03-5802-1082、または、内線:3339までご連絡ください。