沿革

順天堂と看護の歴史

順天堂は、1838年(天保9年)に日本最古の西洋医学塾として建学されて以来、180余年もの長い歴史と伝統を刻みながら、日本の医療分野に貢献してきました。現在も、最新医療に関する知識や技術の伝達・発展に努め、「患者の痛みが理解できる」心を備えた医療人の育成に努めています。

沿革


1838年(天保9年)
順天堂の学祖 佐藤泰然が江戸・日本橋薬研堀に蘭医学塾「和田塾」を設立【順天堂開学の年】

公式サイト法人PNGより;法人-順天堂の歩み2014_r6_c3s


1843年(天保14年)
佐倉へ移り、医学塾を「順天堂」と命名

1873年(明治6年)
下谷練塀町に順天堂医院を開院

1875年(明治8年)
佐藤尚中が湯島・本郷(現在地)に順天堂を移転

1896年(明治29年)
順天堂医院看護婦講習所を開設

医療看護サイト沿革より;1907(明治40)年頃の卒業式enkaku_2_01

1907(明治40)年頃の卒業式

1946年(昭和21年)
(財)順天堂医科大学に昇格

1951年(昭和26年)
体育学部(Ⅰ類・Ⅱ類)を開設

1952年(昭和27年)
医学部医学科を開設

1954年(昭和29年)
順天堂准看護婦学院に改組

1961年(昭和36年)
医学部附属高等看護婦学校に改組

1964年(昭和39年)
高等看護婦学校を順天堂高等看護学校に改称

1967年(昭和42年)
順天堂伊豆長岡病院を開院

1976年(昭和51年)
順天堂高等看護学校を順天堂看護専門学校に改組

1984年(昭和59年)
順天堂浦安病院を開院

1989年(平成元年)
順天堂看護専門学校を順天堂医療短期大学に改組
順天堂越谷病院を開院

1993年(平成5年)
体育学部をスポーツ健康科学部に改組

2002年(平成14年)
東京都江東高齢者医療センターの運営受託

2004年(平成16年)
順天堂医療短期大学を順天堂大学医療看護学部に改組

2005年(平成17年)
順天堂伊豆長岡病院を順天堂静岡病院に改称
順天堂練馬病院を開院

2007年(平成19年)
順天堂大学大学院医療看護学研究科を開設

2010年(平成22年)
順天堂大学保健看護学部を開設

公式サイト法人PNGより;法人-順天堂の歩み_r3_c4


2015年(平成27年)
順天堂大学国際教養学部を開設

2019年(平成31年)
順天堂大学保健医療学部を開設

2022年(令和4年)
順天堂大学医療科学部を開設

TOP