臨地実習

臨地実習での学びについて

臨地実習は看護基礎教育において極めて重要な授業科目であり、主体的・創造的に学ぶ場です。
本学部では1年生から4年生まで臨地実習を配置し、講義と演習、臨地実習を繰り返しながら、心身を癒すことのできる高い看護実践能力を備えた看護師の育成を目指しています。医学部附属静岡病院を中心に、保健・医療・福祉のさまざまな実習場所で、あらゆる健康レベルの方々を対象として看護実践を経験します。
臨地実習指導者と教員のサポートのもと、また学生同士支え合いながら、4年間の臨地実習を通して、科学的根拠に基づいた看護実践能力、多職種と連携・協働できる能力、自己研鑽し続ける能力など、体系的に看護実践に不可欠な能力を身につけていきます。

実習体験インタビュー

実習体験

成人看護実習
静岡県立静岡がんセンター
成人看護実習で3週間受け持たせていただいたのは、終末期の患者さん です。日々容態が悪化し、余命宣告がされる中、私には何ができるかを考え続け ていました。その中で、疾患をもっだ患者さん"ではなく、長い人生を歩まれて きだ‘その人自身”に精一杯向き合って支えること、そして人生に関わる看護職者 として、常に誠実で責任ある看護を提供することを心がけるようになりました。

実習体験

公衆衛生看護実習Ⅱ
西伊豆町保健センター
公衆衛生看護実習は、保健師領域の実習です。私の実習班は、西伊豆町で高齢者を対象とした口腔ケアの健康教育を担当しました。実習班で話し合いを 重ね、時には先生方にアドバイスをいただきながら健康教育を実践でき、大き な達成感がありました。この実習を通して、地域の方の安心や健康を守る大切さとやりがいを知り、「保健師になりたい」という新たな目標ができました。

実習体験

小児看護実習
順天堂大学医学部附属静岡病院
ご自身では話すことも体を動かすこともできない患者さんを受け持たせてい ただきました。その表情や目の動きを丁寧に観察するよう心がけていたら、次 第に視線や手の動かし方から患者さんの訴えをくみ取れるようになり、心が 通じたからか、患者さんの表情も柔らかくなっていきました。言葉だけでなく、表情や仕草からも思いを理解しようとする姿勢が大切だと学んだ実習でした。

実習科目一覧(2022年4月入学生~)

区分領域実習科目開講時期先修科目
看護の基本
看護系8領域
地域包括ケア探索実習 1年前期
基礎多職種連携医療体験実習 1年後期看護学概論
生活援助技術
基礎生活行動援助実習 2年後期フィジカルアセスメント
看護過程Ⅰ
地域・在宅地域・在宅看護実習 3年後期~4年前期地域・在宅看護方法論Ⅱ
ライフステージと看護小児小児看護実習 3年後期~4年前期小児看護方法論Ⅱ
母性母性看護実習 3年後期~4年前期母性看護方法論Ⅱ
成人周術期看護実習 3年後期~4年前期成人看護方法論Ⅲ
慢性看護実習 3年後期~4年前期成人看護方法論Ⅲ
がん・緩和ケア論
高齢者高齢者看護実習 3年後期~4年前期高齢者看護方法論Ⅱ
ソーシャルライフと看護精神精神看護実習 3年後期~4年前期精神看護方法論Ⅱ
公衆衛生公衆衛生看護実習Ⅰ 3年後期~4年前期公衆衛生看護方法論Ⅱ
学校・産業保健活動論
公衆衛生看護実習Ⅱ 3年後期~4年前期公衆衛生看護方法論Ⅱ
学校・産業保健活動論
保健看護の統合地域包括ケア実践統合実習 4年前期領域看護実習を全て履修、
あるいは単位取得見込み
 

TOP