臨地実習

臨地実習での学びについて

臨地実習は看護基礎教育において極めて重要な授業科目であり、主体的・創造的に学ぶ場です。
本学部では1年生から4年生まで臨地実習を配置し、講義と演習、臨地実習を繰り返しながら、心身を癒すことのできる高い看護実践能力を備えた看護師の育成を目指しています。医学部附属静岡病院を中心に、保健・医療・福祉のさまざまな実習場所で、あらゆる健康レベルの方々を対象として看護実践を経験します。
臨地実習指導者と教員のサポートのもと、また学生同士支え合いながら、4年間の臨地実習を通して、科学的根拠に基づいた看護実践能力、多職種と連携・協働できる能力、自己研鑽し続ける能力など、体系的に看護実践に不可欠な能力を身につけていきます。
実習体験インタビュー
hito4
母性看護実習 保健看護学部3年生(インタビュー時)
hito1
高齢者看護実習Ⅱ 保健看護学部3年生(インタビュー時)

実習科目一覧(2019年4月入学生~)

区分領域実習科目開講時期先修科目
看護の基本基礎看護学基礎看護実習Ⅰ 1年後期看護学概論
生活援助技術
基礎看護実習Ⅱ 2年後期フィジカルアセスメント
看護過程Ⅰ
ライフステージと看護小児看護学小児看護実習 3年後期~4年前期小児看護方法論Ⅱ
母性看護学母性看護実習 3年後期~4年前期母性看護方法論Ⅱ
成人看護学周術期看護実習 3年後期~4年前期成人看護方法論Ⅲ
慢性看護実習 3年後期~4年前期成人看護方法論Ⅲ
がん・緩和ケア論
高齢者看護学高齢者看護実習Ⅰ 1年後期高齢者看護学基礎
高齢者看護実習Ⅱ 3年後期~4年前期高齢者看護方法論Ⅱ
ソーシャルライフと看護在宅看護論在宅看護実習 3年後期~4年前期在宅看護方法論Ⅱ
精神看護学精神看護実習 3年後期~4年前期精神看護方法論Ⅱ
公衆衛生看護学公衆衛生看護実習Ⅰ 3年後期公衆衛生看護方法論Ⅱ
学校・産業保健活動論
公衆衛生看護実習Ⅱ 3年後期~4年前期公衆衛生看護方法論Ⅱ
学校・産業保健活動論
産業看護実習 3年後期公衆衛生看護方法論Ⅱ
学校・産業保健活動論
保健看護の統合看護総合実習 4年前期領域看護実習を全て履修、
あるいは単位取得見込み
 

TOP