順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
オリパラページトップ用
オリンピック・パラリンピックと順天堂

オリンピック・パラリンピックと順天堂

 世界的なスポーツの祭典「オリンピック・パラリンピック」。本学は1964年の東京大会以来、さまざまな種目で数多くの選手・監督・コーチを送り出しています。
1988年ソウル大会では、当時4年生だった鈴木大地選手(現・本学教授)が競泳男子100m背泳ぎで金メダルを獲得しました。近年は、体操競技や陸上競技における活躍が目覚ましく、在学生や卒業生が相次いで表彰台に上っています。
 記憶に新しい2021年の東京大会では、スポーツ健康科学部2年の橋本大輝選手が体操男子個人総合と男子種目別鉄棒で金メダルを獲得。大学院スポーツ健康科学研究科博士後期課程1年の萱和磨選手も男子種目別あん馬で銅メダルを手にしました。橋本選手、萱選手、本学OBの谷川航選手らが出場した体操男子団体も銀メダルを獲得し、本学勢が脚光を浴びました。
 2021年の東京大会までに、オリンピック・パラリンピックに出場した本学選手(在学生、卒業生、教職員)はのべ99人、メダル獲得は21個に上ります。選手、監督、コーチのほか、医師やトレーナー、スタッフなどとしても本学在籍者、出身者が多くオリンピック・パラリンピックに参画してきました。日本スポーツ界の発展をリードしていくことも、本学の大きな使命であると考えています。

本学選手(在学生、卒業生、教職員)のメダル獲得数は

21
(2021年東京オリンピック・パラリンピックまでの実績です)

金メダル

鈴木 大地 1989年卒・本学教授 1988年ソウル大会 水泳100m背泳ぎ
冨田 洋之 2003年卒・本学准教授 2004年アテネ大会 体操団体
鹿島 丈博 2003年卒
米田 功 2000年卒
田中 佑典 2012年卒 2016年リオデジャネイロ大会 体操団体
加藤 凌平 2016年卒
橋本 大輝スポーツ健康科学部在学中 2021年東京大会 体操個人総合
橋本 大輝スポーツ健康科学部在学中 2021年東京大会 体操種目別鉄棒

銀メダル

冨田 洋之 2003年卒・本学准教授 2004年アテネ大会 体操・平行棒
冨田 洋之 2003年卒・本学准教授 2008年北京大会 体操団体
鹿島 丈博 2003年卒
坂本 功貴 2009年卒
田中 佑典 2012年卒 2012年ロンドン大会 体操団体
加藤 凌平 2016年卒
谷川 航 2019年卒 2021年東京大会 体操団体
萱 和磨博士後期課程在学中
橋本 大輝スポーツ健康科学部在学中

銅メダル

米田 功 2000年卒 2004年アテネ大会 体操・鉄棒
鹿島 丈博 2003年卒 2004年アテネ大会 体操・あん馬
高平 慎士 2007年卒 2008年北京大会 陸上・4×100mリレー
萱 和磨博士後期課程在学中 2021年東京大会 体操種目別あん馬

オリンピック・パラリンピックに出場した本学選手(在学生、卒業生、教職員)は

99(のべ)

オリンピック・パラリンピック出場選手、監督、コーチ一覧