順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
【5/15(土)】オンラインでミニ・オープンキャンパスを開催!

2021.4.27 イベント

【5/15(土)】オンラインでミニ・オープンキャンパスを開催!

20210515_オンラインミニOC_Ver2

オンライン(Zoom)で、ミニ・オープンキャンパスを開催します。模擬授業とキャンパス紹介・学部紹介、学生との座談会を行います。ご自宅等からお気軽にご参加ください。

事前申込み

下記申し込みフォームより事前申し込みを行ってください。締め切りは5月13日(木)です。
申し込みフォーム
申込み完了時に、ご登録いただいたメールアドレスに、登録完了メールが届きます。
「@juntendo.ac.jp」からのメールを受信出来るように設定をお願いいたします。

プログラム時間内容・授業タイトル担当(教員)
午前模擬授業①10:00~10:30スポーツ心理学:
パフォーマンスを引き出す気持ちのコントロール方法
川田 裕次郎
キャンパスツアー①
(キャンパス・学部紹介)
10:30~11:00学生が、キャンパスの施設や学部の魅力を紹介します。学生
座談会①11:00~11:15学生との座談会です、学生生活のこと、受験した時のことなど、学生たちにどんなことでも聞いてください。学生
午後模擬授業②13:00~13:30フェアでクリーンなスポーツを守るための
アンチ・ドーピングムーブメント
室伏 由佳
キャンパスツアー②
(キャンパス・学部紹介)
13:30~14:00学生が、キャンパスの施設や学部の魅力を紹介します。学生
座談会②14:00~14:15学生との座談会です、学生生活のこと、受験した時のことなど、学生たちにどんなことでも聞いてください。学生

 

模擬授業担当教員紹介

20210515OC用_教員紹介写真(川田先生)_修正版

川田 裕次郎

順天堂大学スポーツ健康科学部 助教
専門:スポーツ心理学
研究領域:スポーツ選手および指導者の心理的サポート
研究領域のキーワード:メンタルトレーニング、モチベーション、社会的スキル
 

20210515OC用_教員紹介写真(室伏先生)

室伏 由佳

順天堂大学スポーツ健康科学部 講師
専門:スポーツ医学
研究領域:スポーツ医学,アンチ・ドーピング
研究領域のキーワード:アンチ・ドーピング, トーピング, アスリート

模擬授業の詳細について

①スポーツ心理学:パフォーマンスを引き出す気持ちのコントロール方法
内容不安や緊張で本来のパフォーマンスが発揮できなかった経験はありませんか?スポーツ心理学は本来のパフォーマンスを発揮するための方法を明らかにする学問です。本講義では本来のパフォーマンスが不安や緊張で発揮できなくなるメカニズムを学び、その現象に対応するための方法のひとつ「気持ちのコントロール方法(感情調節)」について学びます。アスリートや指導者を目指すみなさんは必見です!担当教員川田 裕次郎
②フェアでクリーンなスポーツを守るためのアンチ・ドーピングムーブメント
内容私たちが見ているスポーツはクリーンでフェアに行われているのでしょうか?これまでスポーツの歴史において、意図的あるいは意図しないドーピングの問題が繰り返されてきました。アスリートの健康を守りながら、ドーピングをスポーツから無くすためのルールとして、アンチ・ドーピング規程(Code)とCodeに基づく国際基準が設けられています。それでもなかなかドーピングはなくなりません。そうしたことから、近年重要視されていることは、若い年代からのスポーツの価値に基づく「教育」です。オリンピック・パラリンピック開催国の日本は「自身にとってスポーツの価値」を語りリレー式のムーブメントを国際的に推進しています。自身にとってスポーツの価値とは何か、クリーンでフェアなスポーツとは何かを一緒に考えてみましょう。担当教員室伏 由佳

前のページに戻る