教員紹介 教員詳細

河村 剛光 先任准教授(こうむら よしみつ)

【学部】スポーツ健康科学科【大学院】博士前期課程・研究指導教員 博士後期課程・研究指導補助教員

担当授業科目:【学部】スポーツの測定評価学、他【博士前期課程】スポーツ健康科学研究方法論、スポーツ健康科学研究法実習、他

ヒトのパフォーマンスの測定や向上について幅広く研究している。現在は、体力、視覚、球技種目、累加測定、スポーツ経歴、データ集積等に着目して研究をしている。

学位名称 博士(スポーツ健康科学)
専 門 測定評価学
研究分野 測定評価学、体力学、スポーツ視覚学、スポーツ科学
キーワード スポーツ科学、トレーニング科学、測定評価学、体力、視覚、体脂肪、球技(野球・テニス・バレー等)、競技経歴、運動習慣、esports、データ
クラブ活動 バレーボール部 コーチ

最近の研究テーマ・興味

▷指導現場におけるデータの収集と蓄積
▷累加 測定・同窓生研究
▷競技 の経歴(複数種目経験)
▷今後 の部活動について
▶運動 習慣
▶巧緻性 (コーディネーション
▶野球 ・テニス・バレー
▶e スポーツ・ハンドボール・射撃・セパタクロー など

ゼミナール紹介(測定評価学)

〔研究領域〕
ヒトのパフォーマンスを測る・高める
〔研究領域のキーワード〕
体力測定  視覚機能  身体組成  競技経歴  運動習慣
〔目標・方法・内容等〕
【目標】
スポーツ健康科学において、測定して評価することは最も基本で重要な手順です。測定と評価の基礎について理解し、自分自身で研究(論文)を読むことができ、研究(卒論)できるようになることを目指します。また、教員や企業など社会に出ても、大学院に進学しても活かすことができるような、パソコンを用いたデータ処理の基本的な力を身に付けることを目標とします。
【方法】
まずはパソコンを用いて、基本的な操作から専門的なデータ処理までを体験して、それらのテクニックを身に付けられるようにします。また、先行研究を読むことで、専門用語、統計処理、研究手法を学びます。いろいろな測定や調査を行い、その手法や機器の扱いなどを学び、慣れることとします。先輩や院生、教員の研究や活動に関わることからも学びます。
 【主な内容】
スポーツと“体力測定”“視覚機能”“身体組成”に関するテーマをはじめとして、幅広い分野を学びます。最近の研究テーマは、競技経歴、運動習慣、視線行動、バレーボール、野球、陸上競技、esportsなどです。
・主な内容
 3年次:測定・データ分析法、パソコン実習、文献調査
 4年次:文献調査、実験、卒論

学生へのメッセージ

体育・スポーツ・健康に関わる勉強や仕事に興味を持ってもらえると嬉しいです。後輩である皆さんをしっかりサポートしたいと思います。ゼミではパソコン操作・測定・卒論・学外活動・研究補助などを行います。