先輩が順天堂大学に入学を決めた理由

医療科学部
Faculty of Medical Science
豊かな人間性と専門的知識・実践実技力
学校法人 順天堂は、2022年4月、第7番目の学部として医療科学部を開設することになりました。この学部では、豊富な臨床経験と高い研究能力を兼ね備えた教授陣が、学生一人ひとりに応じたきめ細かな指導を行い、確かな診断に導く検査のスペシャリスト「臨床検査技師」と、医療の安全を保ち、いのちを守るエンジニア「臨床工学技士」を育成します。
医療科学部は順天堂大学で最も新しい、浦安・日の出キャンパス(千葉県)に設置されます。医療現場でも実際に使われる設備や検査機器を用いた実習の中で、最新鋭の医療を学び、現場で生かせる実践力を身につけることができます。
学部DATA
取得できる学位
臨床検査学科:学士(臨床検査学)
臨床工学科:学士(臨床工学)
学科
臨床検査学科
臨床工学科
学生男女比
(開設前のためデータなし)
人数
専任教員数
入学定員数
28名
180名
取得可能な資格
臨床検査学科
・臨床検査技師国家試験受験資格(厚生労働省)
臨床工学科
・臨床工学技士国家試験受験資格(厚生労働省)
キャンパス
浦安・日の出キャンパス

卒業までに身につけるべき資質・能力

健康への深い理解力
多様化する社会への対応
人間尊重の理念と高い倫理観を持ち、豊かな人間性を備えて人間の生活と健康状態における普遍性と多様性に強い関心と深い理解を示し、社会に貢献できる能力
多種多様な方々への適切な対応力
看護者の役割と協働体制
良質な医療を提供するうえで求められる、患者や他の医療職者に対して適切にコミュニケーションできる能力
専門知識と実践力
エビデンスに基づく看護の実践
医学・医療に係る基本的知識を身につけるとともに、自己の専門分野における科学的根拠に基づいた体系的な専門的知識を修得し、実践能力を発揮することができる能力
自己研鑽と自己成長力
自己研鑽に臨む姿勢
自己の専門分野に対する向上心と研究心を持ち、生涯を通して継続して自己研鑽に励み、自己成長していく能力

学部の特徴

国際性を有する次世代のリーダーを育成
新型コロナウイルス感染症の収束をめざす医療現場で、ますます必要とされ活躍が期待される「臨床検査技師」と「臨床工学技士」。新学部では、グローバル時代に対応するため、充実した外国語教育等により、どのような時代が訪れても活躍することができる、国際性を身につけた次世代のリーダーを育てることを目標としています。
最先端の医療教育
順天堂は、6つの附属病院の総病床数3,533床。日本最大規模を誇ります。各病院は、先進医療、地域医療、救急医療、周産期医療、高齢者医療、精神医療、がん治療など、医療ニーズに幅広く対応する高い専門性と総合力に秀でています。学部の講義や学内実習には、本学が蓄積してきた豊富な研究成果が活用されるため、最先端の知識を学ぶとともに、医療現場の実践的な経験を得ることができます。
大学附属病院を中心に行う臨地実習及び臨床実習
臨地実習及び臨床実習は、医学部附属5病院、医学部関連病院や本学卒業生の運営する病院・施設を中心に行い、講義と実習との一貫性の確保を図ります。特に、医学部附属浦安病院は、新学部のキャンパスと同じ浦安市内に位置しているため、緊密な連携によって、より専門的な知識・技術の修得が可能です。
臨床・研究に強い教授陣に学ぶ
圧倒的な臨床力を有する、本学医学部と医学部附属病院のバックアップにより、臨床経験豊富な教授陣から専門的知識と医療技術を学びます。
開学以来の医療識者養成の経験と実績
開学以来、順天堂大学には永年にわたり蓄積してきた医療識者養成の経験と実績があります。医学部や他の医療系学部と相互に連携しあい、教育を行います。
国際性を高める教育環境
充実した外国語教育、海外研修等により、世界に羽ばたくことのできるスペシャリストを育成します。

医療科学部MOVIE

医療科学部の学び

将来の医療現場に求められる、技術力と実践力を兼ね備え、グローバル時代に対応する次世代の「臨床検査技師」・「臨床工学技士」の育成を目指します。

臨床検査学科

学びのポイント

医学系他学部と連携した
実践能力をつける教育
一般教養や基礎医学の基礎知識を身につけ、徐々に専門知識・実践的技術を学びステップアップします。そして、医学部をはじめとする医療系他学部と連携し、4年間トータルで段階的に理解が深まるカリキュラム構成になっています。
医療現場で実際に使われる
設備や検査機器が充実
キャンパス内には、生理機能検査室や臨床検査用の実習室など、最新鋭の医療を学ぶ施設が完備されており、医療機器・設備や検査機器も充実。実際に医療現場で使用されているものを揃えており、授業や実習の中で、現場で活かせる実践力が身につきます。

臨床工学科

学びのポイント

「医学」×「工学」を
バランスよく学べるカリキュラム
医学系の科目は、医学系他学部との連携により十分な医学教育の修得が可能です。工学系の科目は、医用工学や人工臓器分野で教育・研究実績のある教授陣が揃い、必要な工学・技術を修得することができます。
充実した学習・研究環境
人工透析装置、人工心肺装置、体外循環装置(ECMOを含む)など、実際に医療現場で使用されるハイテク医療機器を完備。授業は少人数制で学生一人ひとりに応じたきめ細かな指導で、医療現場での実践的な技術が身につきます。また、3、4年時の「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」では、研究で得た成果をまとめ卒業論文を制作します。本学で最も新しいキャンパス、浦安日の出の地で、実習室や実習準備室を利用して、実験や調査を行うことができます。
 
Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

Instagram

Instagram

youtube_social_circle_red

Youtube

LINE_APP_Android

LINE

ソーシャルメディア一覧