教室紹介、スタッフ紹介、研究、教育等、順天堂大学大学院放射線医学に関する様々な情報をご案内します。

トップページ教室紹介スタッフ(診断学講座治療学講座後期研修)研究教育医学部教育業績募集リンク集|English|

研究


 

神経放射線診断学コース(指導:青木教授)

次世代の科学進歩に対応出来る研究者の育成に務め、さらに臨床医としての立場から神経放射線診断の新しい画像検査法の開発にも取り組みます。
現在の主たる研究テーマは、以下の通りです。
  1. 多列検出器CTによる血管壁と壁在血栓の描出
  2. CT三次元画像表示と四次元への発展性
  3. Functional MRIによる脳機能解析
  4. MRI拡散強調画像の脊髄への応用
  5. SPECTとMRIのfusion画像の有用性
  6. 難治性てんかんのIMZ-SPECTによる診断
  7. MRIの新撮像法(SWI等)の臨床的有用性
  8. MRI Perfusion Imageを用いた局所脳循環解析

一般放射線診断学コース(指導:桑鶴教授)

解剖学的構築の把握を重視し、病理所見との対比をつぶさに行う、臨床画像診断の真髄に迫るような研究に取り組みます。また、低侵襲治療の開発にも取り組みます。
現在の主たる研究テーマは以下の通りです。
  1. 腹部非造影MRA開発 特に腎動脈描出能改善について
  2. 子宮動脈の描出能の1.5Tと3.0Tによる比較
  3. 腎血管筋脂肪腫の破裂パターンの分析
  4. アジア人の子宮動脈の分岐パターンの分析
  5. 子宮動脈塞栓術の有用性の検討
  6. 腎血管筋脂肪腫に対する動脈塞栓術の有用性の検討
  7. 3TMRIによる乳腺画像診断の有用性の検討
  8. 癌に対する血管内治療の有用性の検討

放射線腫瘍学コース(指導:笹井教授)

がん医療において重要な役割を果たす優れた放射線腫瘍医の育成を目指します。大学院「先端放射線治療・医学物理学講座」と共同で、最先端装置を用い、医学物理の専門家の協力を得ての研究が可能です。
現在の主たる研究テーマは、以下の通りです。
  1. 脳腫瘍に対する定位手術的照射
  2. 局所進行頭頸部がんに対する化学療法併用多分割照射法
  3. 画像ガイド下での早期肺癌に対する定位的放射線治療
  4. 食道がんに対する化学放射線療法
  5. 乳房温存療法の乳房照射における最適照射法
  6. 乳房照射における表面線量の差異
  7. 進行再発乳がんにおける化学放射線療法
  8. 画像ガイド下での前立腺がんに対する強度変調放射線療法
  9. 前立腺小線源療法における尿道線量の評価
  10. 放射線療法を受ける患者に対する精神腫瘍学的アプローチ
  11. 放射線感受性予測法の開発
  12. 放射線感受性の修飾法の開発
  13. TLDシートを用いた線量分布測定
  14. 4次元Cone Beam CTの画像再構成と臨床応用に関する研究
  15. モンテカルロ計算を用いた医用画像の定量的画質解析
  16. 放射線治療における不確かさの解析
  17. 治療計画、検証の自動化

 
Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.