教室紹介、スタッフ紹介、研究、教育等、順天堂大学大学院放射線医学に関する様々な情報をご案内します。

トップページ教室紹介スタッフ(診断学講座治療学講座後期研修)研究教育医学部教育業績募集リンク集|English|

募集


  

はじめに

1895年にエックス線が発見されて以来、110年余りの年月が経ちました。
医療における放射線は、より広く診断や治療に活用されており、もはや現代医療に不可欠なものとなっています。
放射線科では、いわゆる放射線診断・治療のみならず、MRIに代表される磁気を用いた検査や、超音波を用いた超音波断層検査なども行っています。放射線治療に関しても、コンピュータを応用したより精密な照射による治療法が選択出来るようになっています。
我が国では放射線科医は十分に認知がされているとは言い難く、まだまだ不足しており、各種診断装置・治療装置の普及に追いつかないのが現状です。これは逆に、我々放射線科医にとって活躍のチャンスが多いということを意味しています。
画像診断に少しでも興味のある人や、がんの最先端医療の担い手となっている放射線治療に携わってみたい人は、是非門戸を叩いてみてください。

いつでも我々は君達を待っています。


放射線科に入局後の卒後教育カリキュラム

【放射線科専門医育成コース】

順天堂大学放射線医学講座は、日本医学放射線学会、日本放射線腫瘍学会、日本核医学会、日本超音波医学会の認定施設であり、これらの学会の専門医、認定医の取得を目指します。

【大学院コース】

  • 初期臨床研修医(2年間)修了後、所属(入学)します。初期臨床研修医修了後に入学することを勧めますが、後期臨床研修終了後に入学することも可能です。
  • 入学時に研究テーマと指導教官(表2)を決定し、卒業に至るまで指導を受けます。
  • 放射線腫瘍部門では、がん生涯教育センター「がんプロフェッショナル養成プラン」のがん専門医師コースカリキュラムとなります。
  • 定期的なカンファレンスを行い研究の進行状況を把握します。研究成果を段階的に学会・研究会などで発表し、研究を着実に進めていきます。
  • 適切な病病(診)連携を週1.5日(3単位)程度行い、有給で研修出来ます。
  • 放射線科専門医研修(2年間)修了後、日本医学放射線学会専門医一次試験を受験します。
  • その後1年間は関連病院(原則として、本郷・浦安以外)で研修します。
  • 更に1年間研修し、日本医学放射線学会専門医二次試験を受け、日本医学放射線学会専門医を取得します。
  • 放射線腫瘍部門では、更に1年間の研修後に日本放射線腫瘍学会認定医試験を受験し、日本放射線腫瘍学会の認定医を取得します。
  • その他、専修医コース同様、自分の専攻(subspeciality)に合わせて各種専門医・認定医を取得します。
  • 研究活動と同時に臨床面でもリーダーシップをとるべく研鑽させ、大学院終了後の指導者・教員としての資質を獲得させるよう努めます。
 1.大学院放射線診断学コース研修プログラム
1)放射線科専門医研修(前期2年間順不同:大学院1、2年生)
診断一般6ヶ月(本郷):超音波、CT、MRI、乳腺検査
診断神経3ヶ月(本郷):神経系のCT、MRI
診断浦安6ヶ月(浦安):核医学、消化管造影、単純写真
放射線腫瘍6ヶ月(本郷):放射線治療、臨床腫瘍学
血管造影3ヶ月(本郷から各施設まで)
【上記研修期間内に、テーマに基づいた研究を開始】

2)日本医学放射線学会専門医一次試験受験

3)関連病院研修(前期研修修了後1年間:大学院3年生)
 原則本郷・浦安以外で一施設とする
 放射線科専門医研修で培った知識と技術の実践・向上
 【研究テーマに関連する研究を継続しデータをまとめる】

4)研究の完成と学位申請、日本医学放射線学会専門医二次試験受験(大学院4年生)
 【大学にて指導教官の指導のもと、研究論文を完成】
 1年間の研修後に日本医学放射線学会専門医二次試験受験し、日本医学放射線学会専門医を取得

5)各自の専攻(subspeciality)を活かし、更なる専門医・認定医・指導医を取得
 研究テーマや専攻により、それぞれの研修期間に多少の延長・短縮が起こり得ます。


 2.大学院放射線腫瘍学コース研修プログラム
【担当教員】(平成20年度4月1日現在)
先任准教授 唐澤久美子
准教授 水谷好秀
助教 伊藤佳菜、齋藤アンネ優子、小澤修一、黒河千恵、山口悟司、杉本聡
助手 廣渡寿子
客員教授 Ritsuko Komaki、笹井啓資、Faiz Khan、James Purdy、JatinderPalta、檜枝光太郎、小泉哲夫

【人材養成の目的】
本コースは、文部科学省選定順天堂大学がんプロフェッショナル養成プラン「実践的・横断的がん生涯教育センターの創設」によるがん専門医師コースの中の、放射線腫瘍医養成コースである。本コースでは、日本がん治療認定医機構のがん治療認定医を取得するとともに、放射線療法の専門医養成を選択必修カリキュラムによって行い、日本放射線腫瘍学会の認定医を取得するプログラムである。本邦のがん医療の問題の一つに、放射線腫瘍学の人材不足による、放射線治療の適切な利用の遅れが挙げられる。本コースにより、高度の学識と臨床力を持った放射線腫瘍医を養成し、本邦における患者の視点に立った適切な、がん治療の普及と放射線腫瘍学の発展を目指す。

【学修できる主な研究課題】
放射線腫瘍学に関するあらゆるテーマの研究への対応が可能である。特に、同講座内の医学物理コースとの密な連携により、医学物理学、医学生物学の指導を受けることができ、医学物理コースとの共同研究により、本邦初の新たな放射線治療技術の開発なども可能である。

【教育プログラム】
順天堂大学がんプロファッショナル養成プランは、「がん患者の視点」に立った、「裾野の広い、且つ高い、品性」のある「がん医療」を目指し、大学の改革実践の「場」として「がん生涯教育センター」を創設するものである。プラン実施に当っては、順天堂大学附属6病院に加え、国立がんセンター中央病院・東病院、静岡県立静岡がんセンター、癌研有明病院、東京都立駒込病院と連携を結び、教育研究・診療環境を整備した。
がん専門医養成コースは、放射線療法、化学療法、緩和ケアの3専門分野からなり、合計で年間20名を受け入れる。修了要件は、がん専門科目での18単位、並びに大学院専門科目での12単位以上、合計30単位以上を履修し、試験に合格し、必要な論文指導を受け、博士論文の審査及び最終試験に合格することである。放射線腫瘍医コースは、日本がん治療認定医機構のがん治療認定医を取得するとともに、放射線療法の専門医師養成を選択必修カリキュラムによって行うプログラムであり、日本放射線腫瘍学会認定医取得を目標とする。大学院在学中に、@放射線治療研修 4年、A学会認定研究会等参加・研究発表 20単位以上、B筆頭発表者・筆頭演者の演題・論文を要件としている。

【授業科目の教育内容および授業日時、場所】
がんプロフェッショナル養成コースカリキュラム
臨床での養成に当っては、本学附属病院群のほかに、癌研有明病院と東京都立駒込病院、静岡県立静岡がんセンターと連携している。

がん専門科目
1)全コース共通科目:
 コア実地修練I(チーム医療)
チームが共有すべきmissionとvision、診療データとその管理、チームの各人員のリーダーシップ、コミュニケーションスキル、がん医療の現状と課題等を学習する。全学年参加の合宿研修を行う。
2)専門医師共通科目:
 コア実地修練II(専門医師)
日本がん治療認定医機構のがん治療認定医研修カリキュラムに準拠した共通基盤教育(地域医療を含む)を行う。外科腫瘍、放射線療法、化学療法、緩和ケアをローテーションで学習する。
3)専門医師共通科目:
 基礎腫瘍学総論
腫瘍病理学や腫瘍免疫学、腫瘍生物学などについての基礎的な知識を学習する。
4)専門医師共通科目:
 臨床薬理・臨床試験概論
臨床薬理学や臨床試験における第I・II・III相試験、有効性と安全性の評価、個人情報保護、知的財産権、研究の科学性確保と組織論、また治験・GCP、医薬品審査承認の仕組みなどを学習する。
5)専門医師共通科目:
 臨床腫瘍学総論I
癌治療の現状、基本的治療法、悪性腫瘍の進行度による臨床分類学と予後判定、外科治療の適応と限界、放射線治療と化学療法の適応・具体的方法と評価・副作用、緩和ケアなどを学習する。
6)専門医師共通科目:
 臨床腫瘍学総論II
次の様々な部位等における腫瘍について学習する。脳神経、頭頸部、呼吸器、乳腺、消化器、泌尿器、婦人科、血液、小児、骨軟部、精神等について学習する。
7)専門医師共通科目:
 放射線診断学
がんの画像診断として、脳神経、頭頸部、胸部、乳腺、消化器、骨・関節・軟部、泌尿生殖器等を学び、読影の実習を行う。
8)専攻科目:
 放射線療法I
放射線による腫瘍制御の原理と修飾因子、放射線治療の役割と併用療法、治療方針の決定とその因子、放射線治療の方法、放射線治療の適応とそれに関わる因子等、放射線治療全般を学習する。
9)専攻科目:
 放射線療法II(実地修練)
患者・家族に対する説明と同意、治療方針の決定、治療計画、線量計算の実際、カンファレンスでの討議、治療中の患者の管理と効果判定、経過観察など放射線腫瘍学診療の実際を理解、習得する。

【専門医・専攻生コース】

  • 初期臨床研修医(2年間)修了後、所属(入局)します。放射線科専門医研修(2年間)は、熟練した指導医(専門医)のもとで、放射線医学(診断一般、放射線腫瘍学、核医学、IVR)に関する技能と知識を修得するための研修を、原則として第一群の病院、主として本郷(順天堂医院)・浦安病院で行います。
  • 専攻生(無給)か助手(有給)かは、その時点の人員数に左右されますが、平成19年度は放射線科はすべて助手(有給)採用となっております。その他、適切な病病(診)連携を週1日(2単位)程度行います。
  • 放射線科専門医研修(2年間)修了後、日本医学放射線学会専門医一次試験を受験します。
  • その後1年半程度は関連病院(原則として、本郷・浦安以外)に勤務(有給)します。専門医一次試験合格後2年間研修した時点で、日本医学放射線学会専門医二次試験を受け、日本医学放射線学会専門医を取得します。
  • 5年目からは、各自希望の専攻(subspeciality)を選択します。
    放射線腫瘍部門では、更に1年間の研修後に日本放射線腫瘍学会認定医試験を受験し、日本放射線腫瘍学会の認定医を取得します。
    核医学部門では、医師になり6年を経過し且つ核医学会入会後5年を経過した時点で、専門医試験を受験・取得します。
    超音波部門では、超音波医学会入会後5年を経過した時点で500症例のリストと30症例の病理所見との対比を提出し、専門医試験を受験・取得します。
    その他IVR学会専門医、マンモグラフィ読影認定医、PET認定医など、さまざまな関連学会の資格取得への道が開かれています。
1)放射線科専門医研修(2年間、順不同)
診断一般6ヶ月(本郷):超音波、CT、MRI、乳腺検査
診断神経3ヶ月(本郷):神経系のCT、MRI
診断浦安6ヶ月(浦安):核医学、消化管造影、単純写真
放射線腫瘍6ヶ月(本郷):放射線治療、臨床腫瘍学
血管造影3ヶ月(本郷から各施設まで)

2)日本医学放射線学会専門医一次試験受験

3)関連病院研修(放射線科専門医研修修了後1年半程度)
 原則本郷・浦安以外で一施設
 後期研修で培った知識と技術の実践・向上

4)専門医一次試験合格後、2年間研修した後に日本医学放射線学会専門医二次試験受験、日本医学放射線学会専門医取得

5)各自の専攻(subspeciality)を活かし、更なる専門医・認定医・指導医を取得・それぞれの研修期間に多少の延長・短縮は起こり得ます。

 
Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.