順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
フォトギャラリー

フォトギャラリー

第98回箱根駅伝

第98回箱根駅伝

 正月の風物詩である第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(東京・大手町~神奈川・芦ノ湖、217.1km)が1月2、3の両日に開催され、本学が総合準優勝(往路5位、復路5位)を収めました。本学がトップ3に入るのは優勝した2007年以来15年ぶりになります。
 また、6区の牧瀬圭斗主将(4年)と、8区の津田将希選手(4)年が区間賞を獲得。大学4年間の集大成を見事に箱根路に刻みました。復路で本学が区間賞を2つ獲得したことは、戦力の底上げが進んでいることを示すとともに、「復路の順大」が健在であることも印象付けました。

20221区平駿介1

1区 平 駿介(3年)

20222区三浦龍司1

2区 三浦 龍司(2年)

20223区伊豫田達弥

3区 伊豫田 達弥(3年)

20224区石井一希

4区 石井一希(2年)

20225区四釜峻佑

5区 四釜 峻佑(3年)

20226区牧瀬圭斗

6区 牧瀬 圭斗(4年)

20227区西澤侑真

7区 西澤 侑真(3年)

20228区津田将希

8区 津田 将希(4年)

20229区野村優作

9区 野村 優作(3年)

202210区近藤亮太

10区 近藤 亮太(4年)

写真:Ⓒ関東学連/月刊陸上競技