Twitter
学校法人順天堂@juntendo1838
スポーツ健康科学部@juntendo_sakura
医療看護学部@juntendo_nurse
国際教養学部@juntendofila
理学療法学科@Juntendo_PT
診療放射線学科@Juntendo_RT
練馬病院@juntendo_nerima
YouTube
学校法人順天堂順天堂/Juntendo Univ
LINE
学校法人順天堂@juntendo
スポーツ健康科学部@juntendo.sakura
Instagram
順天堂大学juntendo_1838
スポーツ健康科学部juntendo_sakura
国際教養学部juntendo_fila
理学療法学科juntendo_pt
診療放射線学科juntendo_rt
順天堂NEWSJuntendo News
順天堂大学NEWSUs NEWS
研究活動Research activities
順天堂大学医学部附属病院NEWSHospitals NEWS
NEWS
2022.07.20 ()
プレスリリース大学・大学院

順天堂大学と愛媛マンダリンパイレーツが研究協力協定を締結

― ウェアラブルデバイスを用いた研究で選手の投球障害予防と競技力向上を目指す ―

順天堂大学(東京都文京区、学長:新井 一)と愛媛マンダリンパイレーツ(愛媛県民球団株式会社、本社:愛媛県松山市、代表取締役:薬師神 績)は、選手の投球障害予防と競技力向上のためのコンディショニング方法の確立を目指し、独立リーグとして初めて研究協力協定を締結しました。 ₍※₎球団調べ

順天堂大学×愛媛マンダリンパイレーツ

順天堂大学及び機構の説明をする鈴木大地機構長

協定締結の背景

四国アイランドリーグplusは、四国4県を活動地域とするプロ野球独立リーグです。愛媛マンダリンパイレーツを含め現在4球団が加盟しており、同リーグでは、日本プロ野球(NPB)球団とも数多くの交流戦が行われるとともに、NPBを目指す選手のレベルアップが図られています。愛媛マンダリンパイレーツにおいても、NPBを目指す選手の競技力向上や育成を球団理念のひとつとして掲げており、これまで同球団では、監督・コーチ・トレーナー主導で選手育成などを行なってきましたが、医学的・科学的なサポートという点で課題がありました。
順天堂大学は、強みである「スポーツ」と「医学」分野の有機的な連携をさらに強化し、スポーツ健康医科学の新しい視点のもと、社会課題の解決に向けた活動の加速を目指すべく、 2021年4月に「スポーツ健康医科学推進機構(JASMS、機構長:鈴木大地)」を設置しました。スポーツ医科学の強みを活かした「競技力向上」にも注力しており、野球においてはNPB球団と連携した取り組み実績もあります。

プロジェクト内容

順天堂大学スポーツ健康医科学推進機構(JASMS)統括のもと、愛媛マンダリンパイレーツの選手を対象とした研究を進めることで、同球団における選手の投球障害を中心としたけが予防や競技力向上のためのコンディショニングサポートを実施します。
また、本プロジェクトの実施により、同球団では一人でも多くのNPB選手を輩出できるようさらなる環境の整備を目指します。
 
  1. 順天堂大学医学部スポーツ医学研究室・スポーツ健康科学部スポーツ医学(運動器系)研究室の高澤祐治教授・窪田敦之准教授が、愛媛マンダリンパイレーツの選手を対象に投球ウェアラブルデバイスを用いた投球動作の調査・分析・フィードバックを実施。
  2. 定期的な連絡会の実施やデータ共有、意見交換を通して、選手の投球障害予防と競技力向上に最適な年間を通じたコンディショニング方法の確立を目指す。

順天堂大学×愛媛マンダリンパイレーツ

協定書を持って写真撮影に応じる登壇者
(左から順天堂大学:窪田敦之准教授、鈴木大地機構長、愛媛県民球団株式会社:薬師神績代表取締役)