03 プログラム教育内容

本学では文部科学省の助成により、世界をリードする基礎臨床融合研究拠点として、アトピー疾患研究センター、感染制御科学研究センター、老人性疾患・治療研究センター、スポートロジーセンター、先導的がん医療開発研究センター等が設立されています。各研究センターには基礎・臨床の教室が参加し、基礎臨床融合研究の環境が整備されています。このような本学の特長を生かして、国際的研究レベルを持つ基礎医学研究者の育成(A)と臨床への橋渡し研究を推進する研究医の養成(B)の2コースに分けてプログラムを構築しています。

STEP 1

医学部1年次からモチベーション・スキル向上の教育を始め、興味のある複数の教室で研究を体験するラボローテーションを経て所属教室を決定します。

①研究に対するモチベーション・スキルを高める教育プログラム

  • 医学部1年次より研究に対する意識向上を狙った特別カリキュラム「医学研究入門」「基礎医学研究医選択コース」を導入します。プログラム参加者は、研究法、論文検索・読解、研究倫理などを学びます。
  • ポートフォリオシステムやICTを活用し、教員・専任チューターによるきめ細かな指導を行います。
  • セミナー・合宿参加を単位化し、ステップ1修了要件の一部とします。

基礎医学系ラボローテーション

  • これまで実質的な基礎研究への導入時期となっていた3年次の基礎ゼミナール(基礎研究室配属)より早期に研究を開始するため、1・2年生を対象とした基礎系教室等のオープンラボを開催します。
  • 複数の希望研究室を体験するラボローテーション制度を確立し、キャリア支援相談室・チューターとの相談により所属教室を決定します。

STEP 2

研究を開始し、大学院コース受講により学部在籍中に大学院単位を取得します。希望をもとに適性評価を行い、キャリア支援相談室との相談により、2コースから1つを選択します。

①基礎系教室における研究指導

  • 所属教室における研究を開始後、研究、学会発表・論文作成等についてポートフォリオシステムを利用して記録し、大学院単位として認定します。
  • 屋根瓦方式の少人数グループ学習への参加、進捗状況確認を兼ねた研究発表を行います。
  • 国内・国外学会発表を推進するため旅費等の補助を行います。

②大学院コースワークの受講と単位認定

  • 医学研究科の基盤的コースワーク等をチューターの指導の下でビデオ受講し、大学院単位として評価・認定を受けます。
  • キャリア支援相談室が中心となり、4年次からの奨学金貸与の決定、希望・適性に基づいたコース選択を行います。
  • 大学院の10単位取得をステップ2修了要件とします。
  • 面接、口頭・筆記試験等からなる qualifying examination を行い、TOEFLスコア等と合わせた総合評価により大学院入学が認められます。

STEP 3

基礎系大学院に入学し国際的に活躍する基礎医学研究者を育成するAコースと基礎系大学院と初期臨床研修を並行するBコースに分かれます。
修了後の助教採用・奨学金返済免除制度に加え、留学・昇進制度などを導入しキャリア支援の強化を図ります。私学の利点を生かした柔軟な人事により、キャリア形成を支援します。

①新教育コースの設置

Aコース:

臨床研修を行うことなく基礎系教室で研究を継続・発展させます。包括的連携・協力関係にある理化学研究所等や国際交流センターを介した海外の協力協定締結機関への留学を積極的に行い、国際的な研究レベルを目指します。国際学会発表・留学に必要な経費の補助を行います。ティーチングアシスタント(TA)採用により基礎医学の教育経験を積むとともに、奨学金に加えて経済的援助を受けられます。屋根瓦方式の少人数グループ学習に参加し、医学部生への研究指導を経験します。

Bコース:

大学院入学と同時に順天堂医院において初期臨床研修を開始します。臨床研修センターと研究センターが連携して、研究テーマに関連した臨床科の選択を行い、研修2年目の選択科の指導教員をサブメンターに選びます。研修中も夜間・土日等を利用してICTを活用した少人数グループ学習に参加し研究準備を行います。研修修了後は、奨学金または研究センターのリサーチアシスタント(RA)採用により経済的援助を受けられます。メンター・サブメンターの助言・指導の下、研究を推進し学位論文を作成します。

②研究医としてのキャリア支援システムの強化

Aコース:

修了後、所属基礎系教室の助教として採用します。現行の奨学金返済免除システムに加え、在職のまま2年程度留学する制度を導入します。キャリア支援のため、大学院修了後5~7年目に審査を行い、約半数を准教授に昇進させる制度を導入します。

Bコース:

修了後、特任助教として採用されます。特任助教以外に、他機関で橋渡し研究等に従事した場合、臨床・研究の経験を生かして官公庁等で医療行政に関わる業務に従事した場合も、奨学金返済免除を認めます。チューターを担当しつつ医学研究を継続し、審査により優秀な研究・教育成果を上げたと認められた場合には、基礎系教室等の助教として採用されます。