スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院パーキンソン病病態解明研究講座に関する様々な情報をご案内します。

順天堂大学大学院 各研究分野紹介 環境と人間
大学院医学研究科各研究分野紹介一覧パーキンソン病病態解明研究講座 各研究分野紹介一覧へ

パーキンソン病病態解明研究講座
医療技術や生活環境の向上の恩恵によってもたらされた長寿社会は、老化と共に発症する神経変性疾患にかかる人の割合をむしろ増やしています。老人性神経変性疾患には、記憶が障害されるアルツハイマー病、運動機能に障害が現れるパーキンソン病が主なものとして挙げられます。これらの疾患は、特定の神経集団が老化と共に顕著に変性していくことによって起こることが明らかになっていますが、神経変性がおこる原因の解明は大きく遅れています。私たちはアルツハイマー病に次いで罹患率の高いパーキンソン病の研究を中心に、神経変性がおこる分子メカニズムを明らかにすることを目標としています。

パーキンソン病は、運動症状がでる約20年前から進行していることが分かってきました。運動症状がでるころには、70%以上のドーパミン神経が変性してしまっており、効果的な治療ができません。効果的な治療を可能とするためは、早期発見が重要です。そのためには、なぜドーパミン神経が変性するのか?というメカニズムの理解が重要です。本講座は、このメカニズムの解明に取り組んでいます。

TOPICS
2019.02.25 業績ページを更新しました
2018.08.23 スタッフ研究ページを更新しました
2017.09.14 ホームページを開設致しました

■連絡先■

順天堂大学医学研究科パーキンソン病病態解明研究講座
〒113-8421 東京都文京区本郷2-1-1


Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.