多施設共同臨床研究

順天堂大学では豊富な症例数を有し、順天堂大学関連病院との連携により、国内における多施設共同臨床研究の中心的活動を行っています。また、順天堂大学臨床研究支援センターと共同で医師主導型臨床研究を実施し、順天堂大学から世界に情報発信できる活動も行っています。

2012年度

心房細動の患者さんを対象にした登録研究(RAFFINE研究)

ポスター
ポスター

近年、心房細動に対する新しい治療法や治療薬が続々と開発されていますが、その有効性や安全性について、実際の医療現場で評価する必要があります。
このたび、順天堂大学医学部附属病院の循環器・脳神経内科を中心に、心房細動と診断されている患者さんを対象とした治療の有効性と安全性を3年間にわたり追跡する疫学研究が行われることになりました。患者さん個人のプライバシーは保護されますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
ご質問のある方は、担当医にご相談ください。
(登録期間:平成25年1月より2年間)

2011年度

  1. SPIRITS-J(Sitagliptin Registration Type2 Diabetes-Juntendo Collaborating Project);UMIN試験ID:UMIN000004121