教室紹介、スタッフ紹介、研究、業績等、順天堂大学大学院 共同研究・研修室に関する様々な情報をご案内します。

順天堂大学大学院研究基盤センター
大学院医学研究科研究基盤センター共同研究・研修室(T) 附属研究施設一覧へ

利用・施設案内


 

利用案内

1. 登録資格
登録資格があるのは、本学に所属する教職員(非常勤者、大学に登録された契約職員を含む)、および学部学生、大学院生、専攻生、研究生等の方々です。
2. 登録期限
年度単位 : 年度毎に登録を更新してください。
例) 令和●年度 :4月1日〜翌年3月31日迄
3. 登録募集期間
新規利用登録者 前年度3月中旬〜4月上旬頃
利用登録更新者(継続利用登録者) 前年度3月上旬〜中旬頃
  * 募集期間外(年度途中)も随時登録可能

 登録希望者は、共同研究・研修室(T)学内専用ホームページ から、所定の登録用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、電子メールに添付し送信してください 。
 
4. 登録形式

利用内容により、以下の2つに分かれます。

(1) Aタイプ:実験室及び機器利用登録

当施設の実験台(フリースペース)を利用し、主として生化学・分子生物学実験を行う者(共用機器の利用も含む)

(2) Bタイプ:機器利用登録

当施設の共用機器のみを利用する者

※注意事項

* ゲノム編集実験希望者
大学に『ゲノム編集実験届出書』を提出し、コピーを当施設に提出してください。
* 遺伝子組換えDNA実験(P1・P2レベル実験)希望者
大学に『遺伝子組換え生物等第二種使用等計画書』を提出し、『遺伝子組換え生物等第二種使用等計画書』 及び『組換えDNA実験計画の承認について』のコピーを当施設に提出してください。
遺伝子組換えDNA実験従事者・内容・期間等を変更する場合、大学に『組換えDNA実験計画変更申請書』を提出し、『組換えDNA実験計画変更申請書』及び『組換えDNA実験計画の変更承認書』のコピーを当施設に提出してください。
* BSL2に該当する病原体等の取扱い希望者
大学に『BSL2病原体等取扱届』を提出し、『BSL2病原体等取扱届』及び『BSL2病原体取扱届受理書』のコピーを当施設に提出してください。
* 動物実験(P1Aレベル実験)希望者
大学に『動物実験計画書』を提出し、『動物実験計画書』及び『審査結果通知書』のコピーを当施設に提出してください。
動物実験従事者・内容等を変更する場合、大学に『動物実験計画変更届』を提出し、コピーを当施設に提出してください。
* 既作出遺伝子組換え動物実験(P1Aレベル実験)希望者
大学に『既作出組換え動植物を用いる実験計画届』を提出し、『既作出組換え動植物を用いる実験計画届』及び『組換えDNA既作出組換え実験計画の承認について』のコピーを当施設に提出してください。
5. 機器等の利用料金
一部の機器及び実験室は実費制です。
  • DNAシークエンサー
  • 細胞培養室
  • P2レベル実験室

詳細はスタッフまでお問い合わせください

6. オリエンテーション
新規利用登録申込者に対し、当施設の入退出法・利用マナー等の説明を行います。

  ⇒ オリエンテーションへの参加をもって、登録完了となる

7. 研究成果の報告について
当施設(実験室または各種機器)を利用し実験を行い、その研究成果について論文投稿した場合

⇒ 謝辞に記載してください。

⇒ 論文のコピーを当施設に提出してください。

8. 共同研究について
状況によっては共同研究が可能です。
9. 利用方法

(1) 利用方法

Aタイプ:実験室及び機器利用登録者
  • 予約制(キャンセル・予約時間の変更等は速やかに行ってください)

    注)実験台を使用せず予約時間を1時間経過した場合、キャンセル扱いとなります

  • 原則、実験に必要な小器具は各自で準備してください(貸与は行いません)
  • 実験用小器具・消耗品の保管 : 共用棚を貸与します
  • 実験用試薬・サンプル保管 : 冷蔵庫・フリーザーの一部スペースを貸与します
    (当施設で毒物劇物を保管する場合には、毒物劇物保管庫を貸与します)
  • 機器の持ち込み : 原則不可(当施設にない場合、要相談)
  • 実験以外には使用できません(デスクワーク・打ち合わせ等への使用不可)
  • 実験終了後、実験台上を片づけてください
Bタイプ:機器利用登録者
  • 全ての共用機器・共用小器具・消耗品を使用できます
  • 一部機器は予約制(キャンセル・予約時間の変更等は速やかに行ってください)
  • 全ての機器利用時、必ず使用簿に記入してください
  • 全ての共用機器は初めて使用する場合、必ずスタッフの指導を受けてください

※ルール等の詳細な資料をダウンロードすることができます

当施設の利用に関するルール等の資料 (学内専用のページです。)

(例)オリエンテーション時の資料

共同研究・研修室(T)における毒物劇物の取扱ルール

(2) 利用時間

共用実験室(BSL2・P1A・P2レベル実験室、培養室、機器室)は随時使用可です
但し、スタッフの対応時間は原則として下記の通りとします

月曜日〜金曜日 : 9時〜17時
土曜日(第2土曜日を除く) : 9時〜13時
日曜日、祭日、年末年始 : 業務停止

10. 機器配置図  機器一覧はこちら
機器配置図
 


Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.