順天堂医学部同窓会
会長挨拶
同窓会概要
同窓会だより
Award学術奨励
事務局のご案内
リンク
同窓会誌・茶崖

同窓会だより

順天堂大学医学部同窓会では、各支部から大学に関する情報が欲しいという要望にこたえて、順天堂ニュースから大学当局の了解を得て、同窓会広報部で抜粋したものをアップすることになりました。

2021年 | 2020年 |2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 
2010年 | 2009年 | 2008年 

同窓会ニュース 2022年10月22日号

令和4年度 山形県支部会が開催されました

令和4年10月22日(土)に、昨年に続いて現地参加とWeb参加によるハイブリッド形式で山形県支部会が開催されました。支部から8名の会員が参加され、本部からは宮川政久会長(昭和39年卒)、長岡功副会長(昭和54年卒)、南塚俊雄副会長(昭和57年卒)、金井美紀渉外支部担当理事(昭和61年卒)、榎本冬樹渉外支部担当理事(昭和63年卒)が出席しました。
矢吹清隆支部幹事(顧問・昭和55年卒)の司会で支部会が始まり、本年、伊東信先生(昭和52年卒)から支部長を引き継がれた細矢貴亮先生(昭和53年卒)による開会の挨拶がありました。続いて宮川会長の挨拶があり、山形県支部会の現状が矢吹支部幹事より報告がありました。次に参加支部会員の皆様から、自己紹介と近況報告がありました。その中で伊東信先生が「同窓会功労賞」を受賞されたことの報告がありました。
続いて長岡副会長より「順天堂大学の近況」についてスライドを用いて詳細な報告がありました。さらに金井理事より「医学部同窓会の活動」について報告があり、南塚副会長の挨拶、榎本理事の挨拶がありました。
スクリーンショットにて記念撮影が行われた後、来年こそは現地開催が可能になることを祈念して同窓会本部役員との懇談は終了となりました。
引き続き山形県支部会員のみにて協議(県支部会の役員について、会計報告、今後の支部会について)が行われ支部会は終了となりました。





同窓会ニュース 2022年10月15日(2)号

令和4年度 関西支部会が開催されました

令和4年10月15日(土)に関西支部会・関西順天会総会がホテル阪急レスパイア大阪で開催されました。7月に予定されていた関西順天会は感染拡大の為に延期となっていましたが、感染状況が落ち着いたことから、3年ぶりの総会開催となりました。支部会員26名、国際教養学部から1名、医学部同窓会から宮川政久会長(昭和39年卒)、梁 広石渉外支部担当理事(平成2年卒)、伊藤誠悟同担当理事(平成5年卒)の合計30名が出席しました。
久保田真司支部幹事(昭和56年卒)の司会のもと、物故会員4名と森近浩前会長(昭和34卒)に黙祷を捧げ、加納繁照支部長(昭和55年卒)の開会挨拶で総会が始まり、支部の活動内容や会計、新規会員の報告がありました。次に宮川会長が挨拶され、続いて梁理事が「順天堂大学の近況」についてスライドを用いて報告しました。小林清亮先生(昭和56年卒)の乾杯のご発声により懇親会となり、伊藤理事から「同窓会の活動について」報告がありました。その後、出席された各支部会員から近況報告と挨拶がありました。関西順天会の立ち上げにご尽力され、会員から信頼が厚かった近藤雅彦先生(昭和63年卒、令和3年8月逝去)を偲び、近藤先生との思い出話や感謝の言葉が続き、望月秀樹大阪大学教授(昭和60年卒)や土井崇関西医科大学教授(平成14年卒)も参加され、会員の挨拶が終了したところでちょうど閉会の時間となり、盛会のうちにお開きとなりました。





同窓会ニュース 2022年10月15日(1)号

令和4年度 東京都江東支部会が開催されました

令和4年10月15日(土)18時より、江東病院会議室での現地参加とWeb参加によるハイブリッド形式で東京都江東支部会が開催されました。支部からは新井康久理事(昭和55年卒)、坂本光隆理事(昭和57年卒)を含め15名が出席され、本部からは長岡功副会長(昭和54年卒)、支部会員でもある南塚俊雄副会長(昭和57年卒)、同じく支部会員の金井美紀渉外支部担当理事(昭和61年卒)が出席しました。
浅井俊治支部長(昭和57年卒)の開会の挨拶に続いて長岡功副会長より挨拶があり、ご逝去された支部会員の伊藤裕先生(昭和24年卒)、浅野嘉雄先生(昭和25年卒)、稲見邦晃先生(昭和38年卒)、海老塚岳彦先生(平成2年卒)に黙祷を捧げました。続いて金野朗先生(平成7年卒)より収支報告があり、承認されました。
本部より金井理事より「順天堂大学の近況」、南塚副会長より「医学部同窓会の活動」について報告があり、続いて佐藤潔顧問(昭和37年卒)を始め、支部会員より近況報告がありました。その中で平井周先生(昭和62年卒)が4月より医療看護学部の教授に就任されたこと、三浦邦久先生(平成2年卒・特別会員)が東京都より「救急功労賞」を受賞されたことの報告がありました。
最後に坂本支部幹事より閉会の挨拶のあと、Web参加者のスクリーンショット、現地での集合写真の撮影がありました。来年は現地集合での開催を祈念しつつ、閉会となりました。





同窓会ニュース 2022年7月16日号

医学部同窓会九州支部会・啓友会福岡県支部・看護学部同窓会(3学部合同)が開催されました

令和4年7月16日(土)16時より医学部同窓会九州支部会・啓友会福岡県支部・看護学部同窓会(3学部合同)が現地(ソラリア西鉄ホテル福岡)およびZOOMによるハイブリッド形式にて開催されました。医学部同窓会九州支部会からは22名(内web参加9名)が参加され、本部からは、webで宮川政久会長(昭和39年卒)、長岡功副会長(昭和54年卒)、南塚俊雄副会長(昭和57年卒)、金井美紀渉外支部担当理事(委員長)(昭和61年卒)、梁広石同担当理事(平成2年卒)、宮野剛同担当理事(平成13年卒)が出席しました。
会の冒頭、小林弘幸先生(昭和62年卒)による講演「ポストコロナを生き抜くために〜健康の極意」が行われ、メディアで有名な小林先生からなかなか公表できない貴重な情報が提供されました。秋本亮一医学部同窓会九州支部会支部長(昭和54年卒)の開会挨拶に続いて宮川会長より挨拶があり、長岡副会長より「順天堂大学の近況」について報告がありました。続いて、今年度より就任された南塚副会長より挨拶、金井理事より「医学部同窓会の活動」について報告、更に梁理事、宮野理事から挨拶がありました。また3学部合同開催として、田中和之啓友会福岡県支部長(昭和57年卒)、そして武井テル看護学部同窓会副会長からも挨拶があり、学部や職種の垣根を越えた順天堂らしい和やかな雰囲気で会が進み、来年多くの方々が現地参加出来ることを祈念して閉会となりました。





同窓会ニュース 2022年7月2日号

茨城県支部会が開催されました

令和4年7月2日(土)に茨城県支部会が開催されました。茨城県支部会は、1年に一度開催されておりましたが、コロナ渦のためしばらく中断されておりました。今回は初のWeb開催となり、船橋宏幸理事(昭和60年卒)を含め、支部会員10名、栃木県支部より早津宏夫支部長(平成3年卒)、本部より宮川政久会長(昭和39年卒)、長岡功副会長(昭和54年卒)、南塚俊雄副会長(昭和57年卒)、金井美紀理事(昭和61年卒)、榎本冬樹理事(昭和63年卒)の合計16名が出席しました。
細田弥太郎代議員(昭和62年卒)の司会で総会が始まり、横田廣夫支部長(昭和43年卒)が療養中のため、代理で事務局長の船橋先生より開会の挨拶があり、物故会員の鶴町安正先生(昭和25年卒)に黙祷を捧げました。船橋先生より会計報告がなされた後、宮川会長の挨拶があり、長岡副会長より「順天堂大学の近況」について詳細な報告がありました。続いて今年度より副会長に就任した南塚副会長の挨拶、金井理事より「医学部同窓会の活動」についての報告があり、最後に榎本理事の挨拶がありました。
今回、初参加の藤田善幸先生(昭和55年卒)を始め、支部会員より近況報告があり、途中スクリーンショットによる記念撮影を挟み、船橋先生より参加されなかった会員の近況について報告がありました。
岡野克紀支部幹事(昭和53年卒)より閉会のご挨拶がありました。2時間にわたるWeb支部会において活発な意見交換があり、来年7月1日(土)に現地での開催を祈念しつつ閉会となりました。





同窓会ニュース 2022年2月19日号

令和3年度医学部同総会支部長・支部幹事会が開催されました

令和4年2月19日順天堂大学医学部同窓会支部長・支部幹事会が開催されました。今回もコロナ禍のため、本郷キャンパス有山登メモリアルホールとWEBによるハイブリッド開催となりました。小川秀興理事長をはじめ、支部長・支部幹事52名(現地参加9名、WEB参加43名)、同窓会理事35名(現地参加21名、WEB参加14名)の合計88が参加しました。
金井美紀渉外支部担当理事(昭和61年卒)の司会で開会となり、はじめに宮川政久会長(昭和39年卒)からご挨拶がありました。引き続き、小川秀興理事長よりスライド資料に基づき、「順天堂大学の近況」について詳細なご説明がありました。
その後、支部長・支部幹事の先生方より各支部の現状と、今後の活動についてご報告やご意見を頂きました。
最後に大久保剛副会長(昭和55年卒)から挨拶があり、閉会となりました。







同窓会ニュース 2022年2月13日号

栃木県支部会が開催されました

令和4年2月13日(日)10時よりWeb形式で栃木県支部会が開催されました。栃木県支部から16名が参加され、本部からは、宮川政久 会長(昭和39年卒)、長岡功 副会長(昭和54年卒)、大久保剛 副会長(昭和55年卒)、南塚俊雄 渉外支部担当理事(昭和57年卒)、金井美紀 同担当理事(昭和61年卒)、宮野剛 同担当理事(平成13年卒)が出席致しました。
昨年2月13日にご逝去された森近浩前会長(昭和34年卒)、令和2年9月9日にご逝去された大浦次郎先生(昭和29年卒)、令和2年9月24日にご逝去された臼井恵太郎先生(昭和59年卒)を偲びつつ総会が始まりました。菅原公明支部長(昭和57年卒)の開会挨拶に続いて宮川会長より挨拶があり、長岡副会長より順天堂大学の近況について報告がありました。さらに、南塚理事より医学部同窓会の活動について報告がありました。
大嶺謙代議員(平成5年卒)から、栃木県支部の会員動向について、近年、若手会員が増えてきているという報告がありました。引き続き田中亮太先生(平成8年卒)の司会により、齋藤達也支部幹事(昭和57年卒)を始めとして、支部会員の先生方の近況が報告されました。コロナ診療をしながら支部会に参加されたり、移動中の新幹線から支部会にメッセージが届いたりと、リモート開催ならではの雰囲気の中、学術的な話題から支部会員が女優として活躍されているエピソードまで、さまざまな報告が続き、あっという間に2時間が過ぎていきました。そして最後に、菅原支部長から本年3月いっぱいで支部長を退任され、早津宏夫先生(平成3年卒)に交代されることが発表されました。菅原支部長の長年の功績を讃えるとともに、来年は現地開催ができることを祈念して閉会となりました。




同窓会ニュース 2022年1月22日号

香川県支部会(順香会)が開催されました

令和4年1月22日(土)18時30分より現地参加とWeb参加によるハイブリッド形式で香川県支部会(順香会)が開催されました。香川県支部から15名が参加され、本部からは、宮川政久会長(昭和39年卒)、長岡功副会長(昭和54年卒)、南塚俊雄渉外・支部担当理事(昭和57年卒)が出席しました。
昨年2月にご逝去された森近 浩前会長(昭和34年卒)を偲んで黙祷を捧げ、総会が始まりました。多田昌弘支部長(昭和34年卒)より開会の挨拶があり、続いて宮川会長より挨拶があり、長岡副会長より順天堂大学の近況について報告がありました。さらに、南塚理事より医学部同窓会の活動について報告がありました。
つぎに、森岡眞治支部幹事(昭和51年卒)より支部会員の受賞と支部役員の交代について、以下のように報告がありました。林正作先生(昭和49年卒)が旭日双光章授賞(保健衛生功労)を、森岡眞治先生が厚生労働大臣表彰(国民健康保険関係功績者)を、廣瀬友彦先生(昭和59年卒)が厚生労働大臣表彰(救急医療功労者)を受賞されました。また、支部長が多田昌弘先生から林正作先生に、代議員が林正作先生から森冨茂先生(昭和52年卒)に交代されることになりました。
最後に、現地とWebでそれぞれ記念撮影を行い、来年は現地開催ができることを祈念して閉会となりました。




2021年 | 2020年 |2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 
2010年 | 2009年 | 2008年 
     サイトマップ    | プライバシーポリシー
 
Copyright ©2006 juntendo-med All Rights Reserved.